3D プリント

業界をリードする数々の製造業者が、3D プリントを活用して従来は実現不可能だったデザインの製品を作り、製造能力の定義を塗り替えています。

3D プリントとはどのようなものですか?

3D プリントは積層造形法(英語)とも呼ばれ、マテリアルを層にして重ねることでオブジェクトを作成する一連の手法です。層は、3D モデルの連続する断面にそれぞれ対応します。3D プリントに使われるマテリアルは、プラスチックやメタル合金が最も一般的ですが、実際にはコンクリートから生体組織まで、ほぼすべてのものを使用できます。

3D プリントの用途

一点もののパーツを効率よく作れるほか、3D プリント以外では不可能な、きわめて複雑な形状を作成できます。

  • プロトタイプの作成

    3D プリントは、プロトタイプをすばやく作成する方法として、視覚資料やモックアップの組み立て部品、プレゼンテーション用モデルの作成に長く用いられてきました。

  • 軽量パーツ

    燃費効率と CO2 排出量削減の観点から、航空宇宙と自動車に 3D プリントを用いた軽量パーツを応用するニーズが高まっています。

  • 製品の性能を強化

    3D プリントは、従来の製造プロセスにつきものだった制約の多くを取り除き、性能の最適化を実現する真のデザインを可能にします。

  • 医療用インプラントのカスタマイズ

    3D プリントは、多孔構造を細かく制御して本物の骨の構造を模倣できることから、オッセオインテグレーションを実現する手法として用いられています。

  • 工具、治具、フィーチャ

    多くの場合、複合材料の金型や加工治具の製作には 3D プリントを用いた方がスピーディかつ低コストで製造できます。また、コンフォーマル冷却インサートによる射出成形では、サイクル タイムを大幅に短縮できます。

  • 金属鋳造パターン

    3D プリントに金属鋳造を組み合わせると、ジェネレーティブ デザインによるパーツ製作と確立済みの製造方法を融合して、大型の金属製オブジェクトを作成できます。

3D プリントのプロセスとマテリアル

さまざまな積層造形プロセスを知る

さまざまな積層造形プロセスとテクノロジーを知って、ワークフローに適したプロセスを見つけられるようにします。

3D プリントに使用できるマテリアル

3D プリント プロジェクトでは、適切なマテリアルを使用することが製品の成功を左右します。この記事では、3D プリントに使用できるマテリアルについて説明しています。

3D プリント ソフトウェアの用途

  • Granta

    メキシコ シティのスタートアップ企業が医療用インプラント製造を変革

    メキシコ シティのスタートアップ企業である Granta は、頭部外傷を負った患者の医療用インプラントの設計と製作を患者に合わせて変えています。

    画像提供: Granta

  • Airbus

    Airbus のバイオニック パーティション

    Airbus はジェネレーティブ デザイン(英語)と 3D プリントを利用して、A320 用の強固で軽いキャビン パーティションを作成し、未来の航空機への最初のステップを踏み出します。

    画像提供: Airbus

  • Stanley Black & Decker

    コンピュータ設計による Stanley Black & Decker の新しいツール

    Stanley Black & Decker のインフラ イノベーション センターは、ジェネレーティブ デザインと 3D プリントを使用して、高性能な工業用工具を製造する新たな方法の開発に取り組んでいます。

    画像提供: Stanley Black & Decker

3D プリントの未来

  • これからの 3D プリントのあり方とは

    3D プリントは、初期のデスクトップ置物などから大きく進化しています。テクノロジーが進化し続けるに従い、未来はこれまで以上に明るくなるでしょう。

  • 3D プリントが医療業界にいかに革命をもたらしているか

    世界的な医療危機の中で、3D プリントは現代の医療の課題に対する柔軟なソリューションとなっています。

  • 航空宇宙における積層造形の未来

    航空宇宙企業が積層造形の利用をどのように推進しているか、それが業界の継続的な成功にとって何を意味するかについてご覧ください。

3D プリントのチュートリアル

  • Fusion 360 で 3D プリントをスライスする方法

    Fusion 360 では、ファイルを STL 形式で保存しなくても、モデルを3D プリント用にスライスすることができます。このチュートリアルでは、デザイン モデルを製造のワークスペースに取り込みます。そこからスライスして 3D プリントをシミュレーションし、G コードを保存します。

  • Ultimaker 3D プリンタに対応する Fusion 360 Additive

    このビデオでは、FFF ワークフローの詳細と、Ultimaker 3D プリンタで Fusion 360 Additive FFF を利用するヒントとコツについて説明します。

  • 3D プリント用 Fusion 360 の FDM テクノロジー ワークフロー

    Fusion 360 ソフトウェアの柔軟なモデリング ワークフローを生かして熱溶解積層法(FDM)3Dプリント テクノロジーを使用した設計プロセスの詳細について説明します。

3D プリントと持続可能性

コスト削減と地球環境保護を実現するうえで、持続可能性と Fusion 360 がいかに役立つか

また、Fusion 360 を使用することでプロセスの効率を上げ、イノベーションを促進し、収益の向上と地球環境の保護を実現する方法を紹介します。

FFF 3D プリント プロセスの環境に関する 3 つの考慮事項

FFF 3D プリントを含むすべての製造プロセスは、環境に影響を与えます。パーツの環境への影響を低減する方法を紹介します。

よくある質問(FAQ)

3D プリント技術はいつからありますか?

3D プリントは、一般に考えられているよりも古く、かなり前からあります。積層造形プロセスの最初の特許は、1970 年代まで遡ります。製品製造に向けた実際の積層造形の最初の特許は 1984年 に与えられています。積層造形を最初に実用化したのは歯科業界です。型取りしたプラスタを使用する代わりに、歯のマスクをプリントしています。

3D プリントにはどのようなメリットがありますか?

3D プリントは、ラピッド プロトタイプ プロセスであり、カスタマイズ可能な量産プロセスです。さらに、その他の製造プロセスでは不可能であった複雑な形状を作成できる技術です。また、パーツを修正しても設備の段取り変更の必要がないデジタル製造技術であるため、製品修正に要する時間やまったく新しい製品を製造する際のダウンタイムがありません。

3D プリントにかかる費用はどのくらいですか?

パーツの 3D プリントは、使用する材料と体積の組み合わせです。3D プリントでは大量のプラスチックや金属を使用して出力できるため、使用する材料によってパーツのコストが大きく異なる場合がありますが、他のプロセスよりもパーツごとのコストを低く抑えることもできます。

オートデスクが提供する 3D プリントのサービスにはどのようなものがありますか?

オートデスクは、積層造形の準備、解析、シミュレーションのための専用ツールとして Netfabb を提供しています。また、Fusion 360 には、設計、エンジニアリング、シミュレーション、製造のすべてが統合された、積層造形の専用スペースがあります。

Fusion 360は、3D プリント用の CAD モデルを作成するのに最適な選択肢です。歯車やブラケットなどの「角柱状」のモデルを作成できるだけでなく、キャラクタ、植物、車両など、T スプラインを使用して、より「有機的」なモデルを作成することもできます。Fusion 360 を使用すれば、3D プリント用のオブジェクトを作成、編集することができます。他のソフトウェアからモデルを取り込み、小さなフィーチャやブレンドを削除して簡略化などの修正を行います。Fusion 360 は、ほとんどの 3D プリント ソフトウェアで読み込み可能な OBJ または STL ファイル形式としてエクスポートできます。お使いの3D プリンタで直接プリントすることもできます。さらに、Fusion 360 では、レーザースキャンやその他のソースから取り込まれたメッシュや STL データを編集できます。プリントする前に、面の数を増減したり、フィーチャを編集したり、穴を埋めたりすることができます。

CAD 3D プリント ソフトウェアを使用すると、適合する製造技術に向けたモデルのコンセプト化、設計、最適化を行えます。

3D プリントの無償リソース

  • さまざまなリソースを参考に、積層造形で製品の価値を高める方法を見つけてください。

  • Tinkercad を使用して、パーツのモデリング、位置合わせ、グループ化を行う方法や穴あけ、カスタムテキストの追加、寸法の指定を行う方法を学習します。Tinkercad では、レーザー切削や 3D プリント用のデザインをエクスポートしてダウンロードし、Autodesk® Fusion 360 に送信することができます。

  • Fusion 360 ソフトウェアのデザインを使用してアイデアを形にする方法、3D プリントを活用してアイデアを製造に移す方法を学習します。

  • 製品の更新プログラムや拡張機能、Fusion 360 の便利なヒントやチュートリアル、ロードマップの更新、コミュニティの事例などを紹介します。

  • 3D プリントの最新トレンドと Netfabb の最新情報がわかります。

  • PPE フェースシールドを 4 分以内にプリントし、大規模の積層造形を行う方法を学習します。

${RESELLERNAME}に紹介されたお客様へ

お客様の同意書

私は、オートデスクが私の氏名、メール アドレスを ${RESELLERNAME} と共有し、${RESELLERNAME} が製品インストールに関するサポートを提供し、マーケティング情報を配信するためにこの情報を使用することに同意します。この情報は、${RESELLERNAME} のプライバシー ステートメントに従って取り扱われることを了承します。

電子メール アドレスが必要です 入力された電子メール アドレスが無効です

${RESELLERNAME}