CAD 初心者向け

AUTOCAD の使い方

AutoCAD / AutoCAD Plus をより使いこなすためのヒントやコツをチュートリアル動画でご紹介します。

AutoCAD の基礎情報
AutoCAD の基礎情報

AutoCAD の基礎情報

汎用 CAD として様々な業種・業界で広く使われている AutoCAD。そもそも AutoCAD はどのような基本概念に基づき設計され、どのような機能があるのでしょうか。AutoCAD の基礎情報を知ることで、より AutoCAD を使いこなせるようになるでしょう。 CAD 初心者向けのチュートリアルを始める前にまずは AutoCAD の概要について学びましょう。

AutoCAD で描いてみよう!~ ゼロからはじめる作図演習 ~

全体の流れを通して、AutoCAD の持つ様々な機能について説明します。動画を見るだけでなく、同じ操作を実際に行っていただくとさらに理解が深まることでしょう。そして多くの設定を施した図面テンプレートも作成することができます。

 

こちらの動画演習の操作手順書および dwg ファイルはこちらからダウンロードいただけます。(ZIPファイル 39.3MB)

第 1 回 | 作図演習項目

はじめに、作図の準備、基準線の作成、ブロックの作成

AutoCADをはじめて使うにあたって、ユーザインターフェース (UI) の解説から基本的な機能の概念、操作体系について説明をします。

機能を使用するうえでその元となる UI を理解することは重要です。また AutoCAD における画層 (レイヤー) の概念を理解することも大事です。画面操作など日常的な作図作業で頻繁に使われる基本操作についても説明を行います。

そのうえで次回以降の作図のための基準線を作成します。多くの作図コマンドのうち最もよく使われ重要な機能がトリムとオフセットでしょう。この回では基準線の作成を通してこれらのコマンドを習得します。

第 1 回 | はじめに、作図の準備、基準線の作成、ブロックの作成

acad-intro

はじめに

動画時間: 11 分

acad-1-drawing-prep

1. 作図の準備

動画時間: 10 分

acad-2-baseline

2. 基準線の作成

動画時間: 12 分

acad-3-block

3. ブロックの作成

動画時間: 16分

第 2 回 | 作図演習項目

スタイルの設定、寸法の記入とブロックの挿入、躯体の作成、階段矢印ブロックの作成、通り芯画層を表示/非表示するアクションマクロの作成

作成した基準線(通り芯)に寸法記入を行います。そしてそのうえで重要な AutoCAD での尺度の概念についても説明します。

図面内でよく使われる記号や部品などはブロック図形として登録する大変便利です。作図コマンドを使用しての躯体の作成と併せて、階段記号のブロック図形も作成、登録します。

よく行われる定型操作をアクションマクロとして記録すると作図効率を向上できます。画層を操作するアクションマクロを作成します。

第 2 回 | スタイルの設定、寸法の記入とブロックの挿入、躯体の作成、階段矢印ブロックの作成、通り芯画層を表示/非表示するアクションマクロの作成

acad-4-style

4. スタイルの設定

動画時間: 11 分

acad-5-metrics-block

5. 寸法の記入とブロックの挿入

動画時間: 10 分

acad-6-structure

6. 躯体の作成

動画時間: 11 分

acad-7-step-arrow

7. 階段矢印ブロックの作成

動画時間: 6分

acad-8-action-macro-control

8. 通り芯画層を表示ー非表示するアクションマクロの作成

動画時間: 9 分

第 3 回 | 作図演習項目

階段・収納の作図、壁の開口部の作図

平面図の作成を進めていく上で、さまざまな作図コマンドを効率よく使用するための補助機能について解説します。

前回に引き続き図形を作成するだけでなく編集するためのコマンドや機能などについて解説します。

第3 回 | 階段・収納の作図、壁の開口部の作図

acad-9-step-drawing

9. 階段、収納の作図

動画時間: 8 分

acad-10a-wall-opening-drawing

10. 壁の開口部の作図 - a. 開口基準線の作図

動画時間: 9 分

acad-10b-wall-opening

10. 壁の開口部の作図 - b. 開口部のトリミング

動画時間: 4 分

acad-10c-wall-opening-drawing

10. 壁の開口部の作図 - c. 玄関、キッチンの境界の作成

動画時間: 7分

第 4 回 | 作図演習項目

建具の作成、建具の配置、基準線番号のダイナミックブロック化

ダイナミックブロックはブロックをさらに効率的に、さらに使いやすくしたものです。今回はダイナミックブロックの作成と、ブロックの活用について理解を深めます。

第 4 回 | 建具の作成、建具の配置、基準線番号のダイナミックブロック化

acad-11a-joinery

11. 建具の作成 a. ダイナミックブロックとは?

動画時間: 8 分

acad-11b-joinery

11. 建具の作成 b. 片開きドアのダイナミックブロック

動画時間: 9 分

acad-11c-joinery

11. 建具の作成 c. 引き戸のダイナミックブロック

動画時間: 17 分

acad-12-joinery

12. 建具の配置

動画時間: 5 分

acad-13-baseline-number-block

13. 基準線番号のダイナミックブロック化

動画時間: 5 分

第 5 回 | 作図演習項目

家具ブロックの配置、床や敷石のハッチング、部屋名の記入、ドアブロックの数量拾い出し、表題欄付き図面枠ブロックの作成

平面図への注釈の記入を今回は行います。以前記入した寸法のほかに文字、ハッチングを作成します。これら注釈の記入において尺度の設定は不可欠ですが、今回はあらためて尺度の設定についても解説します。

第 5 回 | 家具ブロックの配置、床や敷石のハッチング、部屋名の記入、ドアブロックの数量拾い出し、表題欄付き図面枠ブロックの作成

acad-14-furniture-block

14. 家具ブロックの配置

動画時間: 8 分

acad-15-hatching

15. 床や敷石のハッチング

動画時間: 5 分

acad-16-room-name

16. 部屋名の記入

動画時間: 7 分

acad-17-door-block-count

17. ドアブロックの数量拾い出し

動画時間: 6 分

acad-18-table-title

18. 表題欄付き図面枠ブロックの作成

動画時間: 16 分

第 6 回 | 作図演習項目

ページ設定の作成、ビューポートの作成と設定、図面の印刷、ブロックライブラリーの準備、テンプレートと標準仕様図面の作成

前回まではモデル空間という場所に作図作業を行ないました。今回は図面として印刷を行うために、レイアウトを作成します。

また図面が出来上がったらそれを元にして図面テンプレートや標準仕様ファイルを作成してみます。それらをどのようにして使用するのか解説します。

第 6 回 | ページ設定の作成、ビューポートの作成と設定、図面の印刷、ブロックライブラリーの準備、テンプレートと標準仕様図面の作成

acad-19-page-setting

19. ページ設定の作成

動画時間: 11 分

acad-20-view-port

20. ビューポートの作成と設定

動画時間: 8 分

acad-21-drawing-print

21. 図面の印刷

動画時間: 2 分

acad-22-block library

22. ブロックライブラリーの準備

動画時間: 6 分

acad-23-template

23. テンプレートと標準仕様図面の作成

動画時間: 13 分

AutoCAD クイックアンサー

AutoCAD クイックアンサー

『AutoCAD クイックアンサー』は、各機能や操作方法について紹介した資料で、はじめて AutoCAD をお使いになる方にも、また既に AutoCAD の操作経験が豊富な方にとっても、参考になる説明が記載されています。

AUTOCAD ショートカットガイド
AUTOCAD ショートカットガイド

AUTOCAD ショートカットガイド

AutoCAD のショートカット コマンドを使えば、より効率的に作業を行えます。

生産性向上のヒントとコツ『ブロック図形』

AutoCAD はさまざまな機能を使いこなすことで、作業効率がグンとアップし、より使いやすくなります。

ここではリクエストの多い『ブロック図形』について、その仕組みや特徴、使い方を分かりやすくご説明します。

AUTODESK サポート

AutoCAD の使い方や操作方法で分からないことがあったら、これらのリソースを活用するととても便利です。セルフサービスも充実しているので、探している答えが短時間で見つかります。

製品サポートへのお問合せ

製品サポートへのお問合せ

ご購入後の製品のインストールやトラブルシューティングなどのお問い合わせはこちらから。

Autodesk AUTOCAD ユーザー フォーラム

AUTOCAD ユーザー フォーラム

「DXFファイルが開けない」「ハンドルされていない例外 エラーが発生」等、よくあるご質問や話題のトピックなど多くの解決方法がタイムリーに提供されており、とても便利な掲示板です。

オートデスク サポートと問題解決

AUTODESK サポート

オートデスク サポート (旧、AKN - オートデスク ナレッジ ネットワーク)では 100 万を超えるヘルプ、サポート、ラーニング コンテンツをご利用いただけます。

数百万人の信頼を得る AutoCAD

数百万人の信頼を得る AutoCAD

AutoCAD は 2D 作図および 3D モデリングに加え、TrustedDWG® テクノロジー、カスタマイズ、自動化、API やアドオンアプリケーションによる拡張性などクラス最高の機能を搭載しています。AutoCAD の Web アプリやモバイルアプリを使えば、場所を問わずどこでも作業ができます。

大きな価値をお得な価格で

/年 (税込)

拡張可能な機能と自動化が備わった、コスト効率の高い 2D および 3D CAD ソフトウェア


自動化を備えた 2D および 3D CAD ソフトウェア。AutoCAD、業種別ツールセットなどが含まれています。


Web ブラウザまたはモバイル デバイスを使用して、作図、注釈付けを行い、図面に現場のデータを追加できます。DWG ファイルにアクセスして編集し、AutoCAD ユーザーと設計の共同作業を進めることができます。


AutoCAD LT を使い続けるのがお得?

CAD 用の AutoCAD LT から AutoCAD への移行

AutoCAD LT から AutoCAD への移行 マンガで学ぶ AutoCAD への移行について

「今のままで十分」、「作業が大変そう」、「PC の買い替えが必要では?」などの様々な理由で AutoCAD への移行を躊躇されていませんか?
よくあるご質問や懸念に、マンガで分かりやすくお答えします。

注:AutoCAD LT の新規サブスクリプションライセンスの販売は終了しました。
新規購入をご検討の方はカスタマイズ、自動化、3D などより多くの機能を搭載しながらも、AutoCAD LT と同等の価格でお求めいただけるフルバージョンの AutoCAD をご検討ください。

AutoCAD ソフトのリソース

初心者向け AutoCAD における CAD の概念と機能を理解してもらい、Autodesk CAD ソフトの初歩をマスターして使えるようになるためのリソースを紹介しています。

AutoCAD の基本サポートでは、ドキュメント、チュートリアル、ビデオ、トラブルシューティングに関するリソースを入手でき、より高度なスキルを磨くこともできます。これらの無料ガイドを使いさっそく AutoCAD を始めましょう。

AutoCAD および業種別ツールセットの製品情報、ユーザー事例、使い方のコツ、業務効率向上のためのヒント、便利な機能をご紹介します。AutoCAD で、今まで以上にすばやく、スマートに作業を行う方法をマスターしましょう。

毎年恒例の世界中のイノベーターが集まるデザインとものづくりの Autodesk University のオンラインワークショップ。初心者から上級者まで、あらゆるレベルの人気クラスで AutoCAD を最大限に活用しましょう。

AutoCAD の豆知識は、オートデスク社の製品、最新ニュース、ヒント、未公開情報など AutoCAD に関しての様々な情報をオートデスクのスタッフが直接ブログで紹介しています。

オートデスク株式会社による AutoCAD に関する動画をまとめた専用 YouTube チャンネルです。新機能紹介や便利な機能から Web セミナーの録画まで、AutoCAD 製品についての情報をご提供します。

初心者向けに AutoCAD 3D の基本概念、歴史、特長的な機能についてわかりやすく解説しています。3D AutoCAD について全く初めての方は、こちらから学習していただけます。

オートデスク製品のヘルプは、製品の機能の使用方法、ツールに関するヒント、学習チュートリアル、新機能の概要、その他のリソースへのリンクが記載されています。3D 設計機能を誇る AutoCAD を始めて使う方のためのチュートリアル、ヒントなどの基本をマスターしましょう。

チュートリアル、ドキュメント、ダウンロード、トラブルシューティング記事などを探すことができ、ソフトウェアのダウンロードとインストール、アカウントの管理、製品の使用に関するサポートを受けられます。

AutoCAD のライセンスに関するよくある質問(FAQ)をまとめています。 AutoCAD ソフトウェア ライセンスとサブスクリプションに関するよくある質問の回答を参照し、オートデスク ソフトウェアで何ができるかを確認できます。

AutoCAD と併せて使いたいオートデスク製品

複数の部品を同時に修正する場合に使用されるパラメトリックモデリングの場合は、AutoCAD 以外の Autodesk Inventor などの オートデスク製品のご利用が適しています。

AutoCAD にはない 3D 機能 ~パラメトリックモデリング~

Autodesk Inventor ではパラメトリックフィーチャベースモデリングが行えます。これは機械/製造系の 3D CAD において一般的なモデリング方法です。形状 (フィーチャ) のサイズはパラメータとして制御されるため、頻繁に行われる設計変更に際してパラメータ値を変更することで対応できます。また複数の形状 (フィーチャ) を組み合わせてパーツ形状を作成するため、フィーチャの追加/削除、作成の順序変更など柔軟な編集が行えます。

またファイル間でパラメータやジオメトリを参照することができるため、複数の部品を一度に変更でき、大規模な製品モデルを柔軟かつ安定して修正できます。

Autodesk Collection について

AutoCAD Plus (AutoCAD including specialized toolsets) 、そして Revit や Inventor に加えて関連する様々なソフトウェアをパッケージ化したものが Collection (コレクション)です。Collection は業種別に必要なソフトウェアをすべて網羅しています。次のようなものがあります。

AEC コレクションで作成したイメージ

VR、解析、ファブリケーション

Architecture, Engineering & Construction Collection

プロジェクト初期の設計段階から施工まで対応する、設計、土木エンジニアリング、建設・施工向けの業界をリードする BIM および CAD ソフトウェアです。

 

PDM コレクションで作成したイメージ

シミュレーション、CAM

Product Design & Manufacturing Collection

プロフェッショナルレベルのアプリケーションを取りそろえたオールインワンのソリューションです。コンセプトの作成から製造まで、すべての工程でツール同士を連携させて製品開発プロセスを効率よく進められます。

 

Media & Entertainment コレクションで作成したイメージ

3D アニメーション

Media & Entertainment Collection

3D アニメーションの制作パイプラインに必要なツールが包括的に搭載されています。複雑なシミュレーションやエフェクト作成、レンダリングもこなすパワフルでスケーラブルなソフトウェア コレクションです。

 

AutoCAD ソフトウェア製品に関するよくある質問(FAQ)

AutoCAD ソフトウェア ライセンスとサブスクリプションに関するよくある質問の回答をまとめましたのでご確認ください。

AutoCAD のコンピュータ支援設計(CAD)とはどのようなものですか?

CADは、Computer-aided design の略です。コンピュータ支援設計(CAD)は、建築設計者、エンジニアなどが設計や作図を行うために使用するコンピュータ技術の事です。

CAD 設計には、建設設計、インフラ設計、製造設計、製品設計用などの CAD 設計の種類があります。

3D CAD 設計ソフトウェアを使用するメリットには、より正確な作図、設計者がクライアントやゼネコンやエンジニアなどのサード パーティーと計画を共有する際の利便性、過去のプロジェクトの安全なアーカイブなどがあります。CAD で設計すると、図面の更新も非常に効率的で、ファイル共有プロセスが合理的になります。

AutoCAD ソフトウェアにはどのようなメリットがありますか?

AutoCAD のような CAD ソフトウェアには、以下のような多くのメリットがあります。

  • 精密な寸法を描く際の正確性が向上
  • 共通プロセスを自動化
  • ドア、窓、製造パーツなど、日常的に使用するアイテムのライブラリへのアクセス
  • 図面の一部をすばやく調整でき、最初からやり直す必要がない
  • 複雑な設計の詳細を 1 つのファイル内で管理
  • 頻繁に描画するアイテムのブロックを作成
  • 同じファイルを共有しマークできる機能で、同僚との共同作業を促進

AutoCAD ソフトウェアはどのようなユーザーを対象にしていますか?

AutoCAD ソフトウェアは、建築設計者、機械エンジニア、電気エンジニア、インテリア デザイナー、土木エンジニア、ランドスケープ設計者、工業デザイナー、配管・計装設計者、プラント エンジニア、配管設計者、MEP エンジニア、測量士、都市プランナー、GIS スペシャリストなど、さまざまな業種のプロフェッショナルに使用されています。

 

オートデスクの AutoCAD ソフトウェアには、学生や教員向けの割引はありますか?

はい。学生および教員の皆様は、1 年間無償でオートデスクの製品とサービスにアクセスできる教育機関限定ライセンスを利用いただけます。このライセンスは、ご利用資格を満たしている間は更新して継続できます。ご利用資格の認証手続きを行って、無償アクセスを開始しましょう。

 

オートデスクの教育機関向け AutoCAD のライセンスについて

オートデスクの AutoCAD ソフトウェアのファイルは、Mac 版と Windows 版の両方に対応していますか?

はい。オートデスク で使われる AutoCAD ファイル形式は、使用している特定のオペレーティング システムではなく、プログラムにネイティブなものです。
そのため、Mac 版と Windows 版のどちらで ファイルを作成しても、同じ拡張子が使用され、AutoCAD の CAD ソフトはどちらのオペレーティング システムにも互換性があります。

キャドで使われる AutoCAD と AutoCAD for Mac の違いは何ですか?

AutoCAD for Mac は、AutoCAD サブスクリプションに含まれており、Mac ユーザーが使い慣れたインタフェースで Windows 版の人気の機能をすべて利用できます。AutoCAD for Mac 機能の詳細な比較を表示。

建設業界で使用する CAD 設計ソフトにはどのようなものがありますか?

AutoCAD は、多くの土木エンジニアや建設会社が使用している業界標準の CAD (キャド) ソフトウェアです。
オートデスクが提供する AutoCAD 以外の、他のソフトウェア パッケージでよく使用されているものには、RevitCivil 3DFusion 360 などがあります。

AutoCAD の機能を学ぶためのトレーニング コンテンツはありますか?

オートデスクは AutoCAD の幅広い学習コンテンツをご用意しています。オートデスク サポート (AutoCAD サポート) をご覧ください。


その他、オートデスクには、公式 CAD トレーニング・認定のサイトで様々な学習方法の情報をご用意しています。
オートデスク トレーニング (https://www.autodesk.co.jp/training) をご覧ください。

Autodesk にはどのようなライセンス オプションがありますか?

オートデスクでは、お客様のニーズに合わせた様々なライセンスオプションをご用意しています。

オートデスクのライセンスオプション (https://www.autodesk.co.jp/licensing/overview ) をご覧ください。

さらに表示

無償の AutoCAD ソフトウェア

学生、教育機関向けの AutoCAD

学生と教員向けに、無償のオートデスク ソフトウェアを提供しています。世界の一流プロフェッショナルが使っているものと同じ CAD ソフトウェアを利用できます。

 

非営利団体向けの無償 AutoCAD

デザインを通じて環境問題や社会問題の解決に取り組まれている非営利団体や起業家の皆様は、オートデスクのテクノロジー支援プログラムのご利用資格があるかどうかをご確認ください。

 

オートデスク業界別 ソリューション


各業界のニーズに対応するテクノロジーで課題に取り組む
オートデスクの独自のソリューション

オートデスク業界別ソリューション - CAD 製品

注目の CAD 製品などの各ソリューションを紹介しています。

土木・建設従事者向けの設計 CAD ソフト

より効率的になった 2次元 CAD 作図・製図ソフト

Flexible text item rich text.

AutoCAD の基本概念、歴史、特長的な機能の解説

AutoCAD 製品の使い方のヒントやコツを動画で解説

オンラインとクラウド CAD ソフトで場所を選ばず、より迅速かつスマートに作業

3D CG 制作、アニメーション、スカルプティング、ゲーム デザインのための制作ソフト

Apple の Mac OS X に対応の MAC ユーザー向け CAD ソフト

複数の図形を1つの集合体にまとめたオブジェクト、CAD ブロック

AutoCAD LT から AutoCAD への移行

AutoCAD 製品に関するよくある質問

SXF データ交換や J-LandXML データ交換を支援するAutodesk® CALS Tools