BIM のメリット

BIM のメリット

BIM のメリットは、設計、エンジニアリングから施工、運用に至るまで、プロジェクト ライフサイクル全体にわたってチーム、ワークフロー、データを連携させ、より効率的な作業方法と優れた成果を実現できることです。

画像提供: BNIM

BIM の使用目的(ビデオ: 2 分 51 秒)

BIM の使用目的

BIM は、設計、施工、運用のプロセスでデータを作成、管理するために使用されます。BIM では、複数の専門分野のデータを統合して、オープン クラウド プラットフォームで管理される詳細なデジタル リプレゼンテーションを作成し、リアルタイムのコラボレーションを実現できます。BIM を使用すると、AEC プロジェクトの可視性の向上、意思決定の改善、より持続可能なオプション、コスト削減が可能になります。

BIM プロセスとは

BIM のプロセスは、建物やインフラ プロジェクトのライフサイクル全体で使用できるインテリジェント データの作成に対応してます。

  • 道路、水路、建物、その他のインフラストラクチャを含めた、都市景観の 3D プランのレンダリング。

    計画

    リアリティ キャプチャとリアルワールドのデータを組み合わせて、現況と自然環境のコンテキスト モデルを生成することにより、プロジェクト計画に関する情報を提供します。

  • 道路、水路、建物、その他のインフラストラクチャを含めた、都市景観の設計のレンダリング。

    デザイン・設計

    このフェーズでは、コンセプト デザイン、分析、詳細設計、ドキュメント作成が行われます。着工前プロセスでは、最初に BIM データを使用してスケジュールとロジスティクスに関する情報を提供します。

  • 道路、水路、建物、その他のインフラストラクチャを含めた、建設中の都市景観の 3D 設計のレンダリング。

    建築

    このフェーズでは、BIM 仕様を用いて組み立て製作が開始されます。タイミングと効率を最適にするために、プロジェクトの施工ロジスティクスが専門作業者や施工担当者と共有されます。

  • 道路、水路、建物、その他のインフラストラクチャを含めた、完全に稼働している都市景観の設計のレンダリング。

    運用

    BIM データは、完成したアセットの運用とメンテナンスに引き継がれます。費用効率の高いリノベーションや効率的な解体のために BIM データを使用することもできます。

BIM が重要な理由

国連によると、2050 年までに世界の人口は 97 億人に達するといわれています。その世界的な需要に対応し、未来を見据えたスマートで回復力(レジリエンス)のある空間づくりを実現するために、AEC(建築、土木エンジニアリング、建設)業界には、スマートで効率的な設計・施工方法が必要となります。

BIM を使用すると、設計チームや施工チームがより効率的に作業できるだけでなく、プロセス中に作成されたデータを記録して、運用とメンテナンスの業務に役立てることができます。このような理由から、BIM の義務化が世界的に広がっています。

BIM でのチーム コラボレーション

BIM は、業種をまたいでプロジェクトを進める方法に革命を起こしています。プロジェクトの実行にインテリジェンスを生かして効率性をもたらし、クラウドによってプロジェクトのすべての段階でチーム、データ、ワークフローを連動させ、プロジェクトの成果を高めます。

BIM の相互運用性とは

BIM の相互運用性とは、普段利用しているソフトウェア ツールとベンダーに関係なく、AEC プロジェクト チームが専門分野や業種の枠を超えてスムーズに作業しコミュニケーションを図れるようにすることです。オートデスクは、シームレスなデータ連携によるオープンで相互運用可能な AEC ソフトウェア エコシステムのサポートに全力で取り組んでいます。

企業で BIM をスムーズに導入するには

BIM への移行は非常に困難な作業のように思えます。このビデオでは、お客様が効果的な BIM のビジョンを策定し、BIM への移行中に変化に対応できるようにする 2 つの戦略について説明します。

BIM 導入の概要(ビデオ: 3 分 24 秒 英語)

AEC Collection の BIM ツール

強力な BIM と CAD のワークフローを使用して新しい方法で設計を行い、自信を持って施工できるようになります。

Compare
詳細はこちら

AEC Collection に関するお問い合わせ

AEC Collection の強力な BIM と CAD ソフトウェアを組み合わせて使用することにより、設計者、エンジニア、施工業者のすべてが必要とするツールを利用できる方法をご紹介します。

${RESELLERNAME}に紹介されたお客様へ

お客様の同意書

私は、オートデスクが私の氏名、メール アドレスを ${RESELLERNAME} と共有し、${RESELLERNAME} が製品インストールに関するサポートを提供し、マーケティング情報を配信するためにこの情報を使用することに同意します。この情報は、${RESELLERNAME} のプライバシー ステートメントに従って取り扱われることを了承します。

電子メール アドレスが必要です 入力された電子メール アドレスが無効です

${RESELLERNAME}