• 日本

    現地通貨での販売価格、キャンペーンやイベント情報、オンラインによる購入、などをご覧いただくために、お住まいの国のサイトにリダイレクトします

    Stay on our U.S. site

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

BIMのメリット

関係者とのプロジェクトの調整および共同作業、効率的なワークフロー、3D ビジュアライゼーション、その結果となるプロジェクト成果の向上など、BIM プロセスを使用することによってさまざまなメリットが得られます。

画像提供: BNIM

BIM とは

BIM (ビルディング インフォメーション モデリング)は、インテリジェントな 3D モデルの作成から始まり、プロジェクトのライフサイクル全体(計画、設計、施工、運用、保守)でのドキュメント管理、調整、シミュレーションを可能にするプロセスです。

BIM の使用目的

BIM は、建物およびインフラの設計や、設計のドキュメント作成に使用されます。BIM では建物のあらゆる細部をモデル化でき、このモデルを分析に使用すれば、設計オプションを調査できるほか、ビジュアライゼーションを作成して、着工前に関係者に建物の外観を把握してもらうことができます。その後、このモデルを使用して、建設用の設計ドキュメントを生成します。

画像提供: Perkins+Will Architects, Skanska USA

BIM が重要な理由

国連によると、2050 年までに世界の人口は 100 億人に達すると言われています。世界の AEC (建築、土木エンジニアリング、建設)業界は、世界中の人々に社会的および経済的な空間を提供し、現在使用されている建物やインフラの維持と修復を支援していく必要があります。業界は、グローバルな需要に対応するための手段としてだけでなく、よりスマートで耐性に富んだ空間づくりを支援する手段として、スマートで効率的な設計方法、施工方法を検討しなければなりません。

BIM を使用すると、設計チームや施工チームがより効率的に作業できるだけでなく、プロセス中に作成されたデータを記録して、運用とメンテナンスの業務に役立てることができます。BIM データは、プロジェクト、都市、国レベルでの計画やリソースに利用することもできます。このような理由から、BIM の義務化が世界的に増加しています。

BIM プロセスとは

BIM のプロセスは、建物やインフラ プロジェクトのライフサイクル全体で使用できるインテリジェント データの作成に対応してます。

  • 計画

    リアリティ キャプチャとリアルワールドのデータを組み合わせて、現況と自然環境のコンテキスト モデルを生成することにより、プロジェクト計画に関する情報を提供します。

  • デザイン・設計

    このフェーズでは、コンセプト デザイン、分析、詳細設計、ドキュメント作成が行われます。着工前プロセスでは、最初に BIM データを使用してスケジュールとロジスティクスに関する情報を提供します。

  • 施工

    このフェーズでは、BIM 仕様書を用いて建設・施工が開始されます。タイミングと効率を最適にするために、プロジェクトの施工ロジスティクスが専門作業者や施工担当者と共有されます。

  • 運用

    BIM データは、完成したアセットの運用とメンテナンスに引き継がれます。費用効率の高いリノベーションや効率的な解体のために BIM データを使用することもできます。

BIM を義務付けている国々

多くの国では、新しい建物やインフラ プロジェクトにおける BIM の使用を義務付ける規準を設けています。具体的には、ブラジル、チリ、デンマーク、フィンランド、ノルウェー、英国、韓国、シンガポール、ベトナムなどです。

画像提供: [credit]

業界での BIM の使用方法

業務や会社のプロセスを最適化するための BIM の活用方法を紹介します。

  • プロジェクトのライフサイクル全体で、よりよい意思決定ができます。建物パフォーマンスを高め、より効率的に共同作業を行うことができます。

  • インテリジェントな連携したワークフローを使用することで、予測性、生産性、収益性が向上します。

  • 施工現場をデジタル化して、設計から施工、引き渡しにいたるまで、プロジェクト情報に一貫性を持たせます。

  • MEP(機械・電気・配管)設計の品質を高め、リアル タイムでコラボレーションすることによって、プロジェクト完成までのプロセスをサポートします。

  • プロジェクトのライフサイクル全体を通じて、またハンドオフの際に、インテリジェントな配管設計・施工、構造、プロセスをより効率的かつ協調的に管理できます。

  • 構造設計と詳細設計ソフトウェアによっていかに新しいビジネスを獲得できるかを検討し、プロジェクトの実施をサポートします。

BIM 無料リソース

建築設計ガイド

BIM ワークフローによって、ルーチン ワークがどのように自動化されるかを紹介しています。これにより、創造性の向上と革新に注力できるようになります。

インフラ向け BIM のヒント

わずか 2 つのステップで、輸送、土地開発、土木構造物の BIM に関するパーソナライズされたヒントを入手できます。