Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

GIS 情報を取り込んだ
豊富なデータで
設計と解析を実行

オートデスクの担当者にご連絡ください。地理情報システム (GIS) データを BIM/CIM プロセスにシームレスに統合する方法をご提案致します。

GIS データ を BIM/CIM 設計ツールに統合する理由

1 つの運用モデルを使用する手法でデータ アクセスを改善し、コンテキスト モデルの情報を充実させ、より効果的な設計を生み出せます。

  • フィーチャ マップで作業

    詳細な位置情報を取得

    Esri ArcGIS でフィーチャ マップを生成すると、有力な位置情報を引き出せます。

  • データを処理

    リッチな GIS データ

    必要なデータ処理を行ってから、InfraWorks に送信して設計に使用できます。

  • データを設計プロセスに取り込む

    コンテキスト モデルの情報を充実

    最新の GIS データを InfraWorks に読み込んで、解析と設計の質を高めます。

  • 設計プロセス全体を通じたデータ フロー

    オートデスクと Esri のウェビナー

    Esri の ArcGIS Online を Autodesk InfraWorks に統合して、ワークフローを強化する方法が分かります。

貴社の BIM/CIM プロセスに
GIS を統合する方法をご説明します

Architecture, Engineering & Construction Collection の価値ある機能について詳しくご覧ください。

右のフォームに必要事項をご入力ください。担当より、お客様に最適なソリューションをご案内させていただきます。ご質問がありましたら、どのようなことでもご遠慮なくお尋ねください。

BIM/CIM と GIS を導入したお客様の声

  • VHB 社の声

    Ryan B. Noyes 氏

    イノベーティブ プロジェクト デリバリー担当ディレクター

    「BIM/CIM と GIS のデータを統合できる機能によって、プロジェクト早期のプロセスがスムーズになったほか、アセットのライフサイクル全体を通じて充実したプロジェクト情報を保持することが可能になり、クライアントにもさらに優れた価値を提供できるようになりました」

  • Chuck Pietra 氏

    土木インフラ CAD マネージャー

    「Autodesk Connector for ArcGIS は夢のようなツールです。ArcGIS のフィーチャからスマートな InfraWorks オブジェクトを作成し、ArcGIS に戻して保存することができます。これにより、BIM/CIM と GIS の情報を保持して、よりつながったシンプルな BIM/CIM ワークフローを実現できます」

さらに多くのデータを統合して
ワークフロー機能を強化