Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

土木インフラ設計

BIM/CIM で設計プロセスを効率化し、複雑な課題を解決できる卓越したソリューションを提供

BIM/CIM(ビルディング/コンストラクション インフォメーション モデリング)が、複雑なインフラ プロジェクトの解決策になる理由が分かります。今すぐ見る

  • BIM/CIM をもっと活用するためのヒント再生中

  • 設計効率が向上再生中

  • プロジェクトの品質と成果の向上再生中

  • 土木エンジニア向けの可能性に満ちたワークフロー 再生中

  •  

    BIM/CIM でプロジェクトを遂行するには、プロジェクトのライフサイクルにわたって、土木エンジニアリング設計プロセスがスムーズに流れなければなりません。その詳細をご確認ください。

  •  

    情報を活用した意志決定により、土木インフラの計画、設計、構築のプロセスが強化されます。

  •  

    BIM/CIM プロセスの統合がもたらす多くのメリットは、今まで不可能だった設計の効率化を可能にします。その数々のメリットをご覧ください。

  •  

    モデルベースの高度な土木エンジニアリング設計ソフトウェアで BIM/CIM ワークフローを連携させると、どのような可能性が生まれるかが分かります。

BIM/CIM プロジェクトのワークフローのご紹介

プロジェクトのタイプをお選びください

Unlock more BIM workflow videos by project type

Fill in below and we can direct you to some sample workflows.

BIM/CIM に関する業界のエキスパートからの声

  • 「弊社はBIM を、先進的なモデリングの構成要素と捉えています。ポータルの情報を基に地理空間クエリーを発行できるようにすることから始めて、最終的には、自社で BIM を通じて定義し配置した情報を活用できるようにする必要があります」

    Jason Fairchild 氏
    CAD/BIM 実践コミュニティ担当リーダー
    US Army Corps of Engineers(USACE)社

  • BIM の手法を選択すると、さまざまな価値からどれを追求するかを選択できます。この点は、プロジェクトのオーナーやクライアントの多くから、強く支持されると思います」

    Cory Dippold 氏
    Mott MacDonald 社、デジタル デリバリー サービス担当バイスプレジデント兼専門技術者

  • 「(BIMを)適切に利用すれば、アセット管理を通じて処理している施工現場での業務を拡大して、交通インフラのリアルタイムのパフォーマンスを、より適切に管理できるようになります」

    Tim Broyd 教授
    英国土木工学技術者協会(ICE)会長、理学士、博士、公認技術者、王立技術員フェロー、土木技師協会会員、王立人文科学院会

  • 「弊社は、次に来るのは、BIM の連携プロセスを通じた調整の時代だと考えています。業界を変革する真のチャンスがそこにはあります。設計から施工までのプロセスだけでなく、業務の実際の進め方やプロジェクトの実施プロセスが丸ごと変わると思われます」

    Daniel Philbrick
    Autodesk, Inc、インフラ向け製品開発担当ディレクター

土木インフラ プロジェクトのために作られた BIM/CIM ツール

Architecture, Engineering & Construction Collection には、Civil 3D、InfraWorks、Revit、ReCap、AutoCAD などのソフトウェアとさまざまな専用ツールがパッケージされているため、意志決定の的確さやプロジェクトの成果を向上させて、プロジェクトの円滑な遂行を可能にします。

BIM/CIM 業界のエキスパートからの声

「技術者自身が BIM/CIM ソフトを使うことで、現場や業務を深く理解することができ、新しい設計手法や工法などのアイデアが生まれてきます。これを他人任せにしていてはいけません。」

出水 重光 氏
代表取締役社長 執行役員
八千代エンジニヤリング株式会社