• 日本

    現地通貨での販売価格、キャンペーンやイベント情報、オンラインによる購入、などをご覧いただくために、お住まいの国のサイトにリダイレクトします

    Stay on our U.S. site

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

BIM 360 Design と
Civil 3D の
共同設計ワークフロー

大規模なチームが携わる複雑なプロジェクトでも BIM 360 Design なら、高度に連携・統合された作業環境が実現し効率が上がります。インフラ プロジェクトを成功へと導くコラボレーション環境です。

BIM 360 建築関連のオンデマンド 動画コンテンツ

視聴する >

土木関連のオンデマンド 動画コンテンツ

視聴する >

チーム間の共同設計も安心

BIM 360 Design と Civil 3D(2020.2以降)の連携機能は、共同設計ワークフローを改善するために開発されました。

分野や場所を超えたシームレスな共有機能と、あらゆるプロジェクト データを一元的に管理するプラットフォームによって、意思決定やワークフローの策定に時間を浪費することなく、仕事を迅速に進めることができます。

BIM 360 で変化するニーズに対応

土木インフラ業界を取り巻く状況は変化し続けています。プロジェクトのワークフローが分野を超えたチーム間コラボレーションへと進化しつつあるなか、データ管理や効率化のニーズが高まっています。プロジェクトは複雑化し、クライアントの要求するスケジュールは厳しくなる一方です。

この状況に対応するにはどうすればよいのでしょうか?
BIM 360 Design を導入し、クラウドを活用することで、こうしたニーズにどのように応えることができるかをご紹介します。こちらのインフォグラフィックでご確認ください。

Civil 3D でプロジェクトを最大限にサポート

BIM 360 Design があれば、Civil 3D でいつでもどこでも共同設計をすることが可能になり、さまざまなソリューションの併用によるデータの競合もなくなります。

費用のかさむ遅延や手戻り作業をなくし、最大限に効率化して業務の幅を広げましょう。

BIM 360 Design の機能を、サーバーベースのソリューションと比較してご覧ください。 

適切なソフトウェアで課題解決

適切なソフトウェアとは、課題の解決に役立つソフトウェアです。

コンサルティング エンジニアリング企業の Pennoni 社は BIM 360 Design を選びました。多分野を手がける同社にとって重要なのは、リアルタイムで連携し、各チームが必要なデータをすばやく入手できることです。

プロジェクトのワークフローを今すぐ改善しませんか?

お気軽にお問い合わせください。右のフォームにご入力いただきましたら、オートデスクの担当者から折り返しご連絡を差し上げます。または、フリーダイヤル 0800-123-62751(月 - 金、祝日除く 9:00 - 17:00)まで直接お電話ください。

ご注意ください
BIM 360 Design で Civil 3D プロジェクトのコラボレーションを行うには、Autodesk Civil 3D 2020.2 以降が必要です。

詳細については、以下のリソースを参照してください。

スタートアップ ガイド
Collaboration for Civil 3D ヘルプ ページ
Collaboration for Civil 3D とは?