複数のオブジェクトを 1 つにまとめた

CAD ブロック

生まれ変わった AutoCAD

AutoCAD は 2D 作図および 3D モデリングに加え、TrustedDWG™ テクノロジー、カスタマイズ、自動化、API やアドオンアプリケーションによる拡張性などクラス最高の機能を搭載しています。AutoCAD の Web アプリやモバイルアプリを使えば、場所を問わずどこでも作業ができます。

大きな価値をお得な価格で

/年 (税込)

CAD ブロックについて

CAD ブロックの図面ファイルーブロックライブラリ

CAD ブロックについて

CAD ブロックとは

CAD ブロックとは複数の図形をひとつにまとめた複合図形です。一般的には「シンボル」とも呼ばれますが、 AutoCAD では「ブロック」と呼びます。ブロックには意味のある名前を付けることができ、単一の 2D または 3D の図形要素として扱うことができます。図面には図記号や共通部品、標準コンポーネント、さらには図面枠や表題欄など、繰り返し使用されるコンテンツが多く含まれます。これらを都度作図すると作図効率が低下するだけでなく、図面の一貫性が保てなくなることにより図面品質の低下をも招いてしまいます。また個別にオブジェクトが作成されるため、ファイルの容量も肥大化します。これらのコンテンツはブロックとして作成するようにします。そうすればコンテンツを再利用して共有できるため、時間の節約、一貫性の維持、ファイル サイズの削減に役立ちます。またブロックには属性を含めることができます。属性付きブロックは配置される参照毎に異なる文字情報を与えることができます。

CAD ブロックのシンボルーブロックライブラリ

CAD ブロックの使用方法

CAD ブロックの使用方法

必要に応じて、独自に CAD ブロックを作成して使用することも、あらかじめ作成されたブロックを選択して使用することもできます。

ブロックの定義情報は図面ファイル内に保存されます。外部または現在の図面ファイル内のブロック定義を指定して、図面にブロックを挿入します。挿入時に座標、尺度、回転角度を指定することができます。もちろん挿入後でも、簡単に移動、コピー、回転、尺度変更などを行えます。

また図面ファイルそのものをブロックとして別の図面に挿入、配置することもできます。そして多くのユーザがブロック定義を集めた図面ファイルを作成し、「ブロックライブラリ」として設計者間で共有しています。

生まれ変わった AutoCAD

AutoCAD は 2D 作図および 3D モデリングに加え、TrustedDWG™ テクノロジー、カスタマイズ、自動化、API やアドオンアプリケーションによる拡張性などクラス最高の機能を搭載しています。AutoCAD の Web アプリやモバイルアプリを使えば、場所を問わずどこでも作業ができます。

大きな価値をお得な価格で

/年 (税込)

ダイナミック ブロックについて

ダイナミック ブロックのDesignCenterフォルダにある、関連するブロック定義のセットを含む、さまざまなサンプル図面

CAD ブロックをダウンロードできる場所

CAD ブロックをダウンロードできる場所

AutoCAD に付属のサンプル ファイルには、いくつかの記号や部品などのブロックが用意されています。 DesignCenter フォルダには、関連するブロック定義のセットを含む、さまざまなサンプル図面があります。 Design Center やツールパレットからサンプルへ簡単にアクセスすることができます。

その他にも、以下のようなブロック ライブラリ リソースを利用できます。

ダイナミックブロックはダイナミック プロパティが追加されたブロックの図

ダイナミック ブロックとは

ダイナミック ブロックとは

ダイナミック ブロックを使用すると、時間とファイルサイズをさらに節約できます。ダイナミックブロックはダイナミック プロパティが追加されたブロックです。さまざまな形状、サイズに対応できます。ダイナミックブロックではない通常の CAD ブロック(スタティックブロック)では、バリエーションを多く持つ部品、部材など表す場合に大量のブロックを作成しなくてはいけません。また正面、平面、側面など異なるビューがあれば、さらに数は増えることになります。たとえばボルトのブロックであれば径や長さのバリエーションのほか、正面、側面のビューが必要になるはずです。これはライブラリの肥大化を招き、管理を難しくします。また大量のブロックの中から目的のブロックを見つけ出して挿入するのはたいへん面倒です。そして設計変更に際して異なるサイズのブロックに置き換える場合も同様の手間が再び発生します。用途に応じて形状、サイズ、構成を変更できるダイナミックブロックを作成、使用すれば、複数のスタティック ブロックを挿入せずに済みます。ライブラリは簡潔にまとまり、変更にも簡単に対応できるようになります。

ダイナミック ブロックとは

ダイナミック ブロックを使用して作成した配置図

ダイナミック ブロックを使用する理由

ダイナミック ブロックを使用する理由

ダイナミック ブロックは柔軟かつインテリジェントに機能します。作業中、カスタム グリップまたはカスタム プロパティでジオメトリを操作することにより、図面内でダイナミック ブロックの参照を簡単に変更、調整することができます。ダイナミックブロックに作業におけるルールを適用することもできます。サイズ変更における増分の指定や配置時の位置合わせ、複数の挿入基点の設置、などです。これによりスタティックブロックで頻繁に行われる作業を効率化できます。ダイナミックブロックは新規に作成することも、既存のブロックにダイナミックプロパティを与えて作成することもできます。ブロックエディタを使用して、そのブロック内のオブジェクトがどのように変わり得るかをパラメータやアクション、または拘束を使用して定義します。たとえば、さまざまなテーブルの種類と椅子の設定に対して複数のブロックを作成する代わりに、1 つのテーブルのダイナミックブロックを作成することができます。必要に応じてテーブルの種類や椅子の個数を変更できるため、作業効率が向上します。ライブラリから見つけ出すことも容易になります。

CAD ブロックに関するビデオ

ブロックの基本: 既存のブロックから新しいブロックを作成する

図面内にある既存のブロックと同様のブロックを作成する方法を学ぶことができます。このビデオでは、1 つの開始ブロックから 4 つのブロックを作成する方法を説明します。

AutoCAD 2020: ブロック パレット

最近使用したブロックのリストやビジュアル ギャラリーで指定した図面から効率的にブロックを挿入する方法を紹介します。

Subheading

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Image courtesy of lorem ipsum

Subheading

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Image courtesy of lorem ipsum

CAD ブロックの使用事例

  • ALIKA DESIGN

    市場機会の拡大と業界で高まるニーズへの対応

    女性一人で運営しているこのインテリア デザイン会社では、クライアントやその他のインテリア デザイナーとのやりとりに、AutoCAD のスキルを活用しています。

  • STUDIO A ARCHITECTURE

    AutoCAD を使用して、生活の質を重視した高齢者コミュニティを設計

    AutoCAD と Architecture ツールセットは、生活の質が最も重要となる、 自立支援介護型の高齢者コミュニティを設計した設計事務所でも利用されています。

CAD ブロックのチュートリアル

${RESELLERNAME}に紹介されたお客様へ

お客様の同意書

私は、オートデスクが私の氏名、メール アドレスを ${RESELLERNAME} と共有し、${RESELLERNAME} が製品インストールに関するサポートを提供し、マーケティング情報を配信するためにこの情報を使用することに同意します。この情報は、${RESELLERNAME} のプライバシー ステートメントに従って取り扱われることを了承します。

電子メール アドレスが必要です 入力された電子メール アドレスが無効です

${RESELLERNAME}