回路設計ソフトウェア

Autodesk Fusion 360 の回路設計ソフトウェアで、ものづくりの可能性が広がります。製品開発の統合プラットフォームに搭載された、パワフルで使いやすい包括的なツールが、回路基板エンジニアを強力にサポートします。

circuit-design-manufacturing-treau

回路設計とは

回路設計 (英語) は、あらゆる電気・電子設計プロジェクトにおける最初のステップです。電子部品がプリント基板(PCB)上でどのように論理的に接続されるかを定義する回路図を作成します。

エンジニアは SPICE シミュレーションを実行したり、作成した回路図を変換して PCB 設計作業に使用したりできます。

dm-consumer-products-photo-iterate

Autodesk Fusion 360 の回路設計ソフトウェアとは

電子回路設計のさまざまなニーズに対応するために、複数のツールを使用するのは非効率的です。 Autodesk Fusion 360 は、電子回路の設計からテスト、シミュレーションまでをすべてシームレスに実行できるオールインワン ソリューションです。直感的で使いやすいインターフェイスで、複雑な電子回路の作成プロセスがシンプルになります。

また、リアルタイムのコラボレーション機能 (英語) で、世界中のチームとスムーズに共同作業できます。単純な電子回路から複雑なシステムまで、あらゆる設計ニーズに応えるツールを備えた Fusion 360 で、アイデアに命を吹き込みましょう。 

Fusion 360 の回路設計機能の特長

設計プロセスが効率化

リアルタイムの設計検証や 3D ビジュアライゼーション、シミュレーションなどの高度な回路設計ツールを搭載する Fusion 360 で、設計から製造までのプロセスが効率的になります。

製品パフォーマンスが向上

電子回路の製造に入る前に、Fusion 360 のシミュレーション機能で設計をテストし、潜在的な問題を洗い出して解決できます。

包括的なコンポーネント ライブラリ

Fusion 360 は、電子設計に役立つコンポーネントを豊富に取りそろえたリポジトリを提供します。Ultra Librarian  や SnapEDA  などのパートナーによって開発された Fusion 360 アドインを利用して、コンポーネントをすばやく構築できます。

標準化されたファイル形式の書き出し

Fusion 360 の電子設計機能では、Gerber、ODB++ などのさまざまな標準形式で設計を書き出せます。シミュレーションや解析用に Ansys で書き出すこともできます。 

回路設計機能

library-package-editor

ライブラリのパッケージ ジェネレータ

オートデスクのライブラリ エディタのパッケージ ジェネレータには、IPC に準拠したテンプレート計算機がすべて含まれています。これを使用して、コンポーネントの詳細を挿入した後にフットプリントや 3D モデルのモーメントを生成できます。

 


Autodesk Fusion 360 の回路基板の高度な配線機能

高度な配線

Fusion 360 は、複雑な PCB レイアウトも簡単かつ正確に作成できる、パワフルで効率的な電子配線ツールを幅広く取りそろえています。ライブ DRC、クイック ルート、グループ ルート、自動完了、違反モードなどの機能は、プロジェクトを迅速に進める上で欠かせません。


ecad-mcad-collaboration

ECAD と MCAD のコラボレーション

Fusion 360 電子設計機能は、電子設計プロジェクトでリアルタイムにコラボレーションできる共有機能を備えています。 設計を共有してレビューするためのツールや、設計の変更や改訂を追跡するツールなどが含まれます。

 


機械設計と電気設計

電気設計と機械設計のワークフロー

Fusion 360 は、電気設計と機械設計のワークフローが 1 つのソリューションに効果的に統合された ECAD/MCAD ワークフローを搭載します。ファイル変換やデータ交換の必要もなく、設計変更をすばやく全体に反映させることができます。アセンブリ設計の作業スペースで回路基板を修正すると、修正内容が PCB 作業スペースに反映されます。 

無償の回路設計ソフトウェア

愛好家やメイカー向けの無償版です。回路図シート 2 点、信号レイヤ 2 点、80 cm2 の基板領域を利用できます。

 

オートデスクは世界中の学生と教員に、回路設計ソフトウェアを無償で提供しています。

 

Tinkercad の回路

Tinkercad の回路

簡単に操作できる無償オンラインツールの回路を利用して、アイデアを具体化できます。

  • Arduino とブレッドボード コンポーネントをシミュレーションしてプログラミング
  • 標準モジュールを使用して複雑な回路を作成
  • 回路を作成して検討し、Autodesk Fusion 360 などの PCB 設計ソフトウェアに書き出す

電気工学の初心者に向けた回路設計の基本

PCB レイアウトの基本

プリント基板(PCB)レイアウトは、回路設計の物理的な配置を示します。PCB レイアウトのプロセスと設計方法を詳しく説明します。

 


回路図設計の基本

回路図設計では、電気コンポーネント シンボル間の接続を定義します。回路図設計のプロセスと設計方法を詳しく説明します。

 


SPICE シミュレーションの基本

SPICE シミュレーションでは、回路設計の電圧と電流の動作を解析できます。初心者向けに、SPICE の詳細と、SPICE シミュレーションの実行方法を解説します。

 


回路設計ソフトウェアの関連リソース

電子回路設計では、アイデア出し、設計、改訂などの作業を行います。PCB 設計と回路設計のプロセスについて詳しく説明します。

 

クロストークや EMI を最小限に抑えるなど、初めての高速 PCB 設計で成功するためのヒントを紹介します。

 

Autodesk Fusion 360 は、簡単かつ効率的に操作できるインタラクティブな配線ツールと環境設定を備えています。

 

初めての PCB レイアウト作成を成功に導く PCB 配線のヒント、トップ 10 を解説します。

 

プリント基板(PCB)のレイアウト設計に役立つ、コンポーネントの配置、配線、放熱などのヒントを紹介します。

 

気流や伝熱などの要因をシミュレーションして潜在的な問題を洗い出し、設計を最適化して効率を最大限に高める方法を説明します。 

 

よくある質問(FAQ)

回路設計に適したソフトウェアの選び方を教えてください。

回路基板設計に適したソフトウェアを探すのは、なかなか大変です。回路基板は特に進化し続けている分野ですが、注意すべき点は、回路基板設計は製品開発プロセスのほんの一部であり、機械エンジニアをはじめとする他分野のエンジニアとのコラボレーションが必要だということです。そのため、ワークフローを合理化し、高品質な設計を作成することのできる、適切なソフトウェアを使用することが重要です。ファイル変換をしなくてもシームレスにデータ共有できるエレメカ機能や、コラボレーション機能、組み込みのバージョン管理機能を備えたソリューションを選ぶことで、他分野のチーム メンバーと一緒に作業したり、どこからでも自在に作業環境にアクセスしたり、簡単に変更履歴を追跡したりできます。また、設計プロセスに集中できるように、使いやすく操作性に優れたソフトウェアであることも重要です。つまり、Autodesk Fusion 360 はまさにお勧めのソリューションです。

回路設計ソフトウェアの価格はどれくらいですか?

Autodesk Fusion 360 の電子設計機能には、回路設計ソフトウェアが含まれています。サブスクリプションには、1 ヵ月契約、1 年契約、3 年契約のオプションがあり、月額 ~の手頃な価格でご利用いただけます。Fusion 360 の電子設計機能は、商用目的でない個人的な利用や一定の条件を満たすスタートアップ企業向けの無償版でもご利用いただけます。

回路設計のシミュレーション機能はありますか?

はい。回路基板の製造に入る前に、Fusion 360 のシミュレーション機能で設計をテストし、潜在的な問題を洗い出すことができます。

オートデスクの回路設計ソフトウェアは、どのようなコラボレーション機能を備えていますか?

Autodesk Fusion 360 には、チームや関係者で連携しながら作業できる最新のコラボレーション環境が含まれています。この環境は次のような機能を備えています。

  • 社内外の関係者のアクセス権限を管理
  • どのデバイスからでも自在にアクセスしながら、コメント機能やマークアップ機能でフィードバックを共有
  • あらゆるデバイスから、データにアクセス
  • プレビューをパブリック共有 

回路設計ソフトウェアの使い方を覚えるのは簡単ですか?

はい。Autodesk Fusion 360 の電子回路設計ソフトウェアは簡単に習得できます。使いやすいインターフェイスを備えているほか、自習式の学習コンテンツ、製品ドキュメント、製品内の学習コンテンツなど、さまざまなリソースが用意されています。

既存の回路図や設計データを、Fusion 360 の新しい回路設計ソフトウェアに読み込むことはできますか?

EAGLE の設計ソフトウェアやライブラリで作成されたファイルの場合、Fusion 360 の電子設計ソフトウェアは EAGLE との完全な互換性を備えているため、ファイルの読み込みは必要ありません。  そのままアップロードするか、Fusion 360 から直接ファイルを開いて作業を続けることができます。詳細については、現在提供中の「移行ガイド (英語)」を参照してください。

よくある質問(FAQ)をさらに表示