Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

BIM コンテンツの作成

その BIM オブジェクト 無駄なコストが
かかっていませんか?

事業を拡大していくには、建築設計会社や施工会社に BIM オブジェクトを提供して、建築、設計プロジェクトの早期の段階でスペックインを獲得することが有効な場合があります。ところが、製品設計段階から BIM オブジェクトの作成を前提に業務プロセスを構築していないと、BIM オブジェクトの作成を外注業者に発注することとなり、大きなコスト負担になってしまいます。

自社で簡単に BIM オブジェクトを作ることでコスト減を実現し、必要なタイミングで BIM オブジェクトを用意する柔軟性を備えることも可能にする、新しい業務プロセスとはどんなものでしょうか。

お客様に最適なツールをご案内いたします。0800-300-9437 (フリーダイヤル 9:00 - 17:00、土日祝日を除く) または mfg.inside@autodesk.com まで

ok

フジテック株式会社

「承認図面までを Autodesk Revit で完結できるようになると、さらなる効率化がはかれると考えています。つまり、BIM モデルで合意をして、そこから起こした図面で承認を取るような形、あるいは図面自体は簡易図面で済むといったような形になれば、私たちにも大きなメリットがあると思います。」

フジテック株式会社 常務執行役員
営業技術本部 本部長  津山 圭二 氏

BIM オブジェクトとは

BIM オブジェクトとは、建築製品や建材のデジタル表現で、インテリジェントな建築モデルに組み込むことができます。メーカー向けの BIM オブジェクトには、製品の 3D 表現に加え、OmniClass 分類、マテリアル、モデル番号、MEP(機械・電気・配管)接続、サービス情報といった関連メタデータが含まれています。

製造業向けホワイト ペーパー

海外市場では標準となっている BIM オブジェクトの提供が 国内でも求められています

eBook では製造業における BIM についてさらに詳しくご紹介しています。構成変更が可能な製品を作成して提供することで、納入先において製品の施工設計、施工業務の効率化が実現されます。製品によっては、スペックインも獲得できます。BIM オブジェクトの提供により納入先との良好な関係が構築されビジネスの拡大につながります。

BIM オブジェクトの作成および書き出し方法

詳細レベルを簡略化する

一般的な CAD ソフトウェアで作成された高精度な製造モデルを、建築モデルで使いやすいように軽量なデジタル表現に変換します。

BIM オブジェクトを作成する

製品のメタデータや MEP 要素の接合部などの主要な製品特性を含む BIM オブジェクトを作成したら、Revit やその他の BIM ソフトウェアと互換性のある形式で書き出します。

製品コンフィギュレーションを自動化する

簡単に操作できるパワフルな自動化エンジンを使って、カスタム製品の構成を迅速化します。さらに、オンラインのコンフィギュレータへデータを展開して、営業部門や顧客が利用できるようにします。

BIM コンテンツの導入事例

Ideal Standard International 社の導入事例

Con-form Group 社

デジタル ビジュアライゼーションとオンラインの製品コンフィギュレーションによって、Con-form Group 社の直付け型プラットフォーム システムは市場において持続的に成長してきました。

Con-form Group 社の導入事例

Ideal Standard International 社

Ideal Standard International 社はお客様の要望に応え、没入感のある設計体験を提供することで、官民両セクターにおいて競合他社との差別化に成功しています。

Vent-A-Hood 社の導入事例

Vent-A-Hood 社

Vent-A-Hood 社は、自社のオンライン製品コンフィギュレータによって優れた顧客体験を提供することで、住宅用換気システム市場において多くの契約を獲得しています。

BIM オブジェクトを作成するためのソフトウェア

機械設計のための3D CAD である Inventor と BIM ソフトウェア Revit は相互運用性に優れています。これらを使って製品の設計段階から 3D 化することで、容易に BIM オブジェクトの作成が可能になります。さらに Inventor と AutoCAD とシームレスに連携させて、3D モデリングで変更した部分を 2D、3D の両方の図面に自動的に反映させながらプロジェクトをスムースに進行させることが可能になります。 。

ぜひ導入をご検討ください

お気軽にご相談ください。こちらのフォームを送信していただければ、オートデスクの担当者より折り返しご連絡を差し上げます。

貴社の製品がより多くの建築・建設プロジェクトに採用されるようサポートさせていただきます。製品デモの実施や、実際にお試しいただく方法をご案内いたします。

ご関心をお寄せいただきありがとうございます

製品の担当営業からご連絡を差し上げます。

製造業向け BIM のオンデマンド オンライン セミナー

「製造業における BIM とは何?」という基本から、2 次元データの活用方法と 3 次元設計のメリット、設計モデルから BIM オブジェクトを作成して書き出す方法、目的に合わせた CAD ソフトウェアの選び方などをご説明します。

ガイドを見る

ガイドをダウンロードいただき、ありがとうございました。

BIM オブジェクト作成の次のステップに進みましょう。製品がプロジェクトに採用され、より多くのビジネスを獲得するのに役立つ BIM ソリューションについて詳しくご紹介します。