Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

ジェネレーティブ デザイン

単一のアイデアから、その代替案となるハイパフォーマンスなデザインを素早くジェネレート可能。その多くは、想像すらできなかったものになります。ソリューションは、もうひとつだけではありません。ジェネレーティブ デザインにより何千という素晴らしいソリューションが生成され、そこからニーズに最適なデザインを選択できます。

Experience generative design November 13th in Las Vegas

Join us in Las Vegas on November 13th for a full-day immersive Generative design experience at Autodesk University 2018.

ジェネレーティブ デザインとは?

ジェネレーティブ デザインは、自然が進化する手法をデザインで模倣するものです。デザイナーやエンジニアは、ジェネレーティブ デザイン ソフトウェアに設計目標と材料や製造方法、コスト面の制約を入力します。トロポジー最適化とは異なり、ソフトウェアは可能なソリューション全てを調べた上で設計の代替案を生成。各イテレーションが機能するかどうかの検証と学習が行われます。

製造業向けジェネレーティブ デザイン

Banner image credits

建築・建設、エンジアリング向けジェネレーティブ デザイン

Banner image credits

ジェネレーティブ デザインのメリット

より広範な設計オプションの探求

デザイナーがひとつのアイデアを生み出す時間で、コンピューターは何千というアイデアを生み出します。それも、どのデザインが最良のパフォーマンスを生み出すかを証明できるデータとともに。

実現不可能なデザインを実現

ジェネレーティブ デザインにより、最適化した複雑な形状と内部ラティス構造を作成可能。その中には、従来の製造方法では対応できず、新しいアディティブ マニュファクチャリングで作ることのできる形状もあります。

材料と製造方法の最適化

目標とパラメーターを設定すると、ソフトウェアはその制約をもとにデザインのハイパフォーマンスなオプションを作成。設計上の相反する制約はソフトウェアが解決するため、ユーザーはイノベーションに集中できます。

航空宇宙、建築から建設まで

ジェネレーティブ デザインはラボの中だけでなく、フィールドでも使われています。既に世界でも非常にイノベーティブな会社が、このテクノロジーを活用しています。

  • オートモーティブ

    ジェネレーティブ デザインはラボの中だけでなく、フィールドでも使われています。既に世界でも非常にイノベーティブな会社が、このテクノロジーを活用しています。

  • 航空宇宙

    軽量化や環境に対する影響の削減、安全性を設計・製造上の目標とする航空宇宙業界は、新たな設計オプションや性能向上のためにジェネレーティブ デザインを採用しています。

  • 消費財

    設計上の問題に対してプロセスを意識した CAD 対応のソリューションを同時に複数生成できるため、イノベーションと革新性にプラスの影響を与えます。

  • 建築・建設

    オートデスクのトロント・オフィスのレイアウト、設計で示されたように、ジェネレーティブ デザインのテクノロジーは製造業以外でも、目標と制約を満たすソリューションの発見に役立ちます。

  • 産業用機械装置

    ジェネレーティブ デザインは、イノベーションの壁を突破可能。それを専用ツールや機材の製造会社が証明しています。

  • 建築製品

    工業建築製品のサプライヤーは、ジェネレーティブ デザインとアディティブ マニュファクチャリングにより複雑なアセンブリをシンプルにできます。

ゼネラルモーターズ

オートデスク トロント オフィス

Meet the generative design experts

This team of experts is dedicated to sharing their knowledge and hands-on experience with generative design technology. If you’d like to book an expert to speak at an event, drop us a line at generative.design.experts@autodesk.com for consideration.

  • Andreas Bastian

    Principal Research Scientist

    Andreas Bastian is a designer, engineer, and artist who develops and applies cutting-edge 3D printing technologies. As principal research scientist at Autodesk, he studies both novel and established additive manufacturing technologies and their role in the near future. He has conducted research in fused deposition modeling (FDM) technology and developed low-cost selective laser sintering technology (SLS), as well as developed an un-bounded 3D printing system with applications in digital textile fabrication.

  • Rob Cohee

    Senior Manager, Technical Marketing & Adoption

    Cohee is an expert on the application of design & manufacturing technology. Based at Autodesk headquarters in San Francisco, he leads a global team of evangelists supporting the convergence of design and manufacturing. When he’s not speaking at events, or producing videos for his YouTube channel, he’s posting on Twitter @robcohee. Just be warned, he goes a little crazy on College Football Saturdays.

  • Robert N. Yancey

    Ph.D., Director, Manufacturing and Production Business Strategy

    At Autodesk, Dr. Yancey defines the business and industry strategy for manufacturing production solutions including subtractive machining, additive printing/fabrication, hybrid and composites technology. He is a recognized leader in generative design and manufacturing, advanced simulation, aerospace structural design, and advanced composites. He holds degrees from MIT, Virginia Tech, and University of Dayton in Aerospace and Materials Engineering.

  • Lars Christensen

    Technical Evangelist

    Lars Christensen is a design and manufacturing expert who helps people struggling with their CAD&CAM software. Through his totally-addictive blog posts and videos on his Youtube channel, he shares his vast knowledge and experience using CAD and CAM for managing, designing and building complex parts. Based in Buffalo, NY, Lars’ experience spans CNC manufacturing in many industries including military, medical, and aerospace.

  • Lilli Smith

    UX Designer

    Lilli Smith is an architect with a passion for re-envisioning the way that buildings are designed. She defines product direction for AEC generative design tools at Autodesk and helps bring new ideas developed by Autodesk Research into products that more people can use. She holds degrees in architecture from Harvard and the University of Virginia.

  • Dieter Vermeulen

    Technical Sales Specialist

    Dieter Vermeulen is based in Northern European and works with Autodesk customers and partners to develop innovative workflows that address challenges across the AEC project lifecycle. From design to analysis to construction and fabrication, he travels across Europe evangelizing the power of generative and computational design with Dynamo for building and infrastructure projects. He regularly speaks to packed classes at Autodesk University and Dynamo events.

ニュース

ジェネレーティブ デザインは急速な進化を遂げる革新的なテクノロジーです。その最新ニュースの一部を以下に紹介します。

関連テクノロジー

オートデスクは、製造業界のあらゆるニーズをカバーするソフトウェアを用意しています。その革新的なテクノロジーの一部を紹介します。

  • 内部ラティス構造

    特定の用途に応じた性能特性を持つ軽量なパーツを作成。

  • トポロジー最適化

    パーツの負荷と制約をもとに、剛性と重量を最適化した形状をジェネレート。

  • 小柱状構造

     骨の荒れた表面を模倣した、患者の治癒に役立つ医療用インプラントを作成するため、ソリッドな材料に小さな孔を正確に分布。

  • 複雑なパーツ シミュレーション

    アディティブ マニュファクチャリング用に設計された大規模なジオメトリに熱機械モデリングを適用。

ジェネレーティブ デザインと
トポロジー最適化の違い

トポロジー最適化は重要な設計最適化技術のひとつですが、ジェネレーティブ デザインで実現できることの、ほんの一部にしか過ぎません。ジェネレーティブ デザインとトポロジー最適化の違いについて詳しくご説明します。

Limited Time Offer

Don't miss out on the Get Started
with Generative Design special.
Offer expires September 30, 2018.

Special offer

Autodesk generative design technology is now available with Fusion 360.