Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

ものづくりの未来

Fusion 360 の製造向けジェネレーティブ デザイン

設計・エンジニアリング能力が高まり、革新的なソリューションが生まれます。製造上の制約や製品の性能要件に基づき、CAD 対応のソリューションを複数同時に生成できます。

このページをシェア:

バナー イメージのクレジット

製品開発プロセスを高速化

ジェネレーティブ デザイン プロセスでは開発プロセスにおける設計の初期段階で製造を検討できるため、市場投入を迅速化できます。

製造向けジェネレーティブ デザインのメリット

軽量化

高性能基準やエンジニアリング上の制約を守りつつ、質量と材料の使用量を最小限に抑えます。

パフォーマンスの向上

ジェネレーティブ デザインを利用すると、製品耐久性の向上や最適化を行い、強度の低い部分を排除できます。

パーツの一体化

複数のコンポーネントを固体パーツと一体化して、積層造形の可能性を最大限に引き出します。

オートデスク ジェネレーティブ デザインの特長

トポロジの最適化と異なり、オートデスクのジェネレーティブ デザインを利用すると、デザイナーやエンジニアは設計の可能性を徹底的に検討できます。

ジェネレーティブ デザインで可能になること

ジェネレーティブ デザインのメリットに関する Harvard Business Review Analytic Services の見解をご覧ください。

Fusion 360 のジェネレーティブ デザイン

設計の検討

複数の設計オプションについて、材料、性能、製造方法を比較しながら検討できます。

編集可能なジオメトリ

CAD 対応の編集可能なジオメトリを生成してすばやく Fusion 360 で編集したり、ご利用の CAD ソフトウェアに書き出したりすることができます。

統合されたワークフロー

ジェネレーティブ デザインのジオメトリは Inventor とシームレスに統合されているため、効率性が上がり、コラボレーションが促進されます。

ジェネレーティブ デザインを始めましょう

Fusion 360 のジェネレーティブ デザイン ツールを利用すると、積層造形と切削造形の結果を両方検討できます。無償体験版をご利用ください。ご質問がありましたら、お問い合わせください。

ok

ジェネレーティブ デザインの使用事例

史上最高に複雑なジェネレーティブ デザイン

オートデスクは NASA と協力して、宇宙空間の温度と圧力に耐えられる宇宙着陸船のプロトタイプを作成しました。

ジェネレーティブ デザインとものづくりの未来

ジェネレーティブ デザインは、クラウド コンピューティングを利用して自然界の進化のプロセスを再現し、エンジニアリング上の問題ひとつに対して何千ものソリューションを提示します。

ジェネレーティブ デザインと Fusion 360

Autodesk Labs での最先端の研究開発調査として開始された Project Dreamcatcher が進化して、製品版のジェネレーティブ デザインが生まれました。