• 日本

    現地通貨での販売価格、キャンペーンやイベント情報、オンラインによる購入、などをご覧いただくために、お住まいの国のサイトにリダイレクトします

    Stay on our U.S. site

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

AUTODESK & UNITY

Autodesk と Unity のテクノロジーが融合しました。リアルタイムにインタラクティブな操作ができる、完全没入型のバーチャル世界を創造する力をお届けします。

リアルタイム レンダリングとは

リアルタイム レンダリングとは、リアルタイムに画像の解析や生成ができる、コンピュータ グラフィックス分野の技術のひとつです。そのメリットは、ユーザーがレンダリング画像をインタラクティブに操作できることです。「リアルタイム レンダリング」という言葉は、動きを瞬時にレンダリングする必要があるインタラクティブな 3D コンピュータ グラフィックスやビデオ ゲームの 3D 環境に関連して使用されます。

画像提供:André Salviato 氏

リアルタイム レンダリングの仕組み

リアルタイムの 3D レンダリングでは、コンピュータによって 3D モデルがフォトリアルな 2D 画像へと変換されます。3D 画像はリアルタイムで計算処理され、大量の画像がリアルタイムに生成されているかのように見えます。

画像提供:Jonas Schlengman 氏

ビデオ タイトル(x 分 xx 秒)

リアルタイム 3D にパワーを

オートデスク製品と Unity の連携によるリアルタイムの 3D レンダリング機能によって、デザイン、キャラクタ、モデルを、インタラクティブかつ瞬時に、状況に合わせて生成することが可能になりました。仮想ウォークスルー、ゲーム、自動車のプロトタイプから、映画制作プロジェクトまで、幅広い分野で活用できます。オートデスク製品と Unity 間で簡単にファイルをやりとりできるほか、優秀な開発者が集う Unity の巨大コミュニティやサポートも利用できます。さらに、25 種類以上にもおよぶ Unity 対応のプラットフォーム(モバイル、PC、VR/AR を含む)の非常に幅広いエンドユーザーに向けてコンテンツを届けることが可能になります。

リアルタイム レンダリングのメリット

VR/AR で創造力を発揮

シームレスなワークフロー

FBX Exporter を使用すると、3ds Max、Maya、Unity の間でラウンドトリップによるシーン作成が可能になります。Unity で 3D アセットに変更を加えると、これが 3ds Max や Maya に自動で反映されるため、イテレーションが迅速になり、生産性の向上と作業時間の削減が実現します。

VR ウォークスルーの作成が簡単に

可能性を想像する

ゲーム キャラクタに命を吹き込んだり、建物の VR ウォークスルーを作成したり。進化したデザイン ビジュアライゼーション技術で、インタラクティブかつ臨場感あふれる世界が実現します。

オートデスク ツールと Unity の併用でコストを節約

コストを節約

主要な関係者と設計モデルを共有し、収集したフィードバックを即座に反映できるため、制作が進行した後に変更が発生して余計なコストがかかるようなことがなくなります。

リアルタイム レンダリングでイテレーションが迅速に

拡張性に優れたマルチプラットフォーム

同時に共同作業を進められる環境に、関係者全員が集合。モバイル、PC、AR/VR ヘッドセットなど、25 種類以上のプラットフォームにコンテンツを展開できます。

さまざまな業界でパワーを発揮

アニメーター向けのシームレスでクリエイティブなワークフロー

メディア & エンターテインメント

3ds Max または Maya と Unity を組み合わせて使用すると、3D アーティストやアニメーターはシームレスなワークフローでゲーム、映画、AR/VR を制作し、デザインをビジュアライゼーションできます。

驚異的な AR/VR 体験を提供

AEC

ワン クリックで、Revit モデルからリアルな世界を作成できます。モデルを調査、共有、操作することで、着工前に設計エラーを洗い出せます。

高品質な設計モデルを構築

自動車

自動車のエコシステムがインタラクティブになり、設計について適切な判断を下すことが可能になります。VRED データのビジュアライゼーション機能を活用して、マーケティング、営業、トレーニング資料に臨場感あふれるレンダリング イメージを追加できます。

3D リアルタイム レンダリング ソフトウェア

ユーザー事例

業界を変える VR とデザイン ビジュアライゼーション

TANGRAM 3DS 社

Tangram 3DS 社:VR とデザイン ビジュアライゼーションについての知見

VR は今、テクノロジーやヘッドセットの進化とともに身近なメディアになりつつあり、ゲーム業界以外からも注目を集め始めています。

 未来のバーチャル リアリティ体験

FRAMESTORE 社

VR は空想上の生き物:バーチャル リアリティを手がける Framestore 社

クリエイティブ ディレクター兼 CG 部門責任者の Andy Rowan-Robinson 氏に、物語の表現手法の進化や、VR 体験のインタラクティブ性と可能性について話を伺いました。

Planeta 社の構築した VR 体験

PLANETA 社

AR でよみがえるデヴィッド・ボウイ

Planeta 社は Unity で、デヴィッド・ボウイの仮想展示会を実現しました。

リアルタイム レンダリングによるシームレスな体験

Autodesk + Unity による 3D リアルタイム レンダリング

オートデスクの 3D ツールと Unity のリアルタイム プラットフォームで、インタラクティブなデザインをスピーディに作成できるようになりました。3ds Max、Maya、VRED、Revit などのオートデスク ソフトウェアと Unity の間で簡単にファイルをやりとりでき、リアルタイム開発のワークフローには Shotgun を利用できます。Unity と互換性のあるプラットフォームは 25 種類以上。オートデスクのどのツールを使用する場合も、コンテンツを幅広いエンド ユーザーに向けて展開できます。