Asset 12 Asset 10 Asset 15 Asset 15 autodesk_icon_font_04_06_16_kl Asset 11 autodesk_icon_font_04_06_16_kl autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01
  • 日本

    現地通貨での販売価格、キャンペーンやイベント情報、オンラインによる購入、などをご覧いただくために、お住まいの国のサイトにリダイレクトします

    Stay on our U.S. site

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

Revit と AutoCAD の比較

AutoCAD と Revit はどちらも CAD ソフトウェアとして広く使用されており、その用途は、平面図、立面図、詳細図などの 2D 図面の作成、3D モデルやオブジェクトの作成、施工用の設計図書の作成、イメージのレンダリングなど多岐にわたります。

Revit と AutoCAD には多くの違いがありますが、1 つの企業が両方を使用している例は珍しくありません。大きな違いは、AutoCAD が主に作図ツールとして、実世界を表す基本的なジオメトリの作成に使われるのに対し、Revit は、実際の情報を備えたジオメトリ、つまり「ビルディング インフォメーション モデリング(BIM)」の作成に使われる点です。

建築、エンジニアリング、建設のコレクションなら、Revit と AutoCAD の両方を利用できます。

製品

概要

  • 建築家、エンジニア、建設業者、設計者向けの BIM ソフトウェア
  • 実世界の情報を含む統合モデルを作成可能
  • モデリング、干渉検出、変更管理に最適
  • 2D および 3D CAD で幅広く使用される商用ソフトウェア
  • 実世界を表現した基本的なジオメトリを作成可能
  • 立面図の詳細設計など、正確な線分の作成に最適

ツール

インテリジェントな 3D モデルベースの設計ツール

プロ仕様の製図およびドキュメント作成ツール

業務フロー

図面や集計表などの成果物を単一の統合モデルから直接作成できるモデリング ワークフローをサポート。変更はモデルのすべてのビューに反映されます。また、隣接する要素や接続されている要素は自動的に更新されるため、確立されている要素間の関係も維持されます。

個々の図面が個別に作成、編集される作図業務フローをサポート

プラットフォーム

Windows で使用可能

Windows および Mac で使用可能

DWG™ サポート

DWG ファイルの読み込みと書き出しが可能

DWG ファイルをネイティブ サポートしており、多数の DWG ファイルが存在する従来の業務フローをサポート

モデリング

すべての主要な建築要素に加え、製造元、モデル、コスト、構造、フェーズなどの情報が含まれます。

プロセス

製図の反復作業を効率化

解析

さまざまな解析機能

ドキュメント作成

一連の設計図書を作成

一連の設計図書を作成

最新のデスクトップ ソフトウェアを、初期費用を抑えて導入できます(期間限定ライセンス)。1 対 1 の Web サポートを受けたり、前バージョンを使用したり、厳選されたクラウド サービスとソフトウェア サービスを利用することができます。詳細はこちら

1 ヵ月    

1 年    

2 年    

3 年    

Revit と AutoCAD を比較したその他のリソース(英語)