Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

オプションのサブヘッドライン

技術図面

オートデスクの CAD ソフトウェアを使用すれば、正確で詳細な図面をすばやく作成できます。

画像提供: Engineering Center LTD、ロシア

Promo Data: FY21Q4P2 FLASH 13 JAN - JP (Sales)
Countdown days:
Promo Data: FY21Q4P2 - Fusion (Sean copy)
Countdown days:
Promo Data: Multi-year
Promo Data: COVID-19 (new HP)
デスクトップで AutoCAD を使用する女性

技術図面とは

技術図面とは、対象物の機能や製作方法に関する情報を伝えるための詳細図や設計図のことです。エンジニアリング図面とも呼ばれます。これらの図面は、機械や建物の構築、修理の際にエンジニア、電気技師、施工担当者によって使用されます。

アイスクリーム サンドイッチ充填機のコントロール パネル全体。

技術図面の重要性

技術図面は、アイデアを生み出す設計者とそれを形にする製作者とのコミュニケーションを橋渡しする役割を果たします。技術図面は、エンジニア、施工担当者、建築担当者が互いに理解できる共通言語として機能します。

画像提供: MartinCSI

技術図面の種類

Autodesk Inventor Professional と AutoCAD Mechanical ソフトウェアで作業する開発者

機械エンジニアリング図面

機械エンジニアリング図面は、製品/コンポーネントのエンジニアリングの要件を定義するために使用されます。テクニカル マニュアルとして使用されるほか、機械設計の弱点を特定するためのトラブルシューティング ツールとしても利用されます。機械図面では、正確な計算式に基づいて、メカニズムとそのコンポーネント部品が正確に描画されます。

電気制御回路のレンダリング

電気図面

電気図面とは、電気設備の設計に関する情報を伝える技術ドキュメントです。照明、配線、電源などの関連情報のほか、電圧や容量などの情報を伝えることができます。技術者は、建物の建設時や建物の電気システムを修理する際に、電気図面を利用します。

建築モデル図面が表示されたコンピュータの前に座っている設計者

建築図面

建築図面は、提案された建物のさまざまな側面を詳細かつ正確に描画したものです。建築担当者はこの図面を使用してアイデアやコンセプトを視覚化し、設計のアイデアを建物プランとしてまとめ、プロジェクトに必要な資材の種類や作業人員を決定します。

技術図面ソフトウェア

技術図面作成のプロセスを促進

AutoCAD には、建築、機械、電気などの業種別ツールセットが用意されています。業界のライブラリで、750,000 個以上のインテリジェントなオブジェクトとパーツを利用できます。技術図面では、ドアの挿入、部品表の生成、PLC I/O 図面の作成など、一般的な処理が自動化されます。

技術図面ソフトウェアのスタートアップ ガイド

AutoCAD の技術図面

AutoCAD

これらの無料ガイドを使って AutoCAD を始めましょう。ビデオやチュートリアルを使ってスキルを磨くこともできます。

Inventor の技術図面

Inventor

これらのチュートリアルを使用して、Inventor の基本概念とワークフローについて学習しましょう。

Revit の技術図面

Revit

Revit を使い始める際に役立つ、とっておきのヒント、コツ、業界トレンドを紹介します。

技術図面の実例

オートデスクのソフトウェアを使用して技術図面を作成しているお客様の事例を紹介します。

lightning motorcycle

画像提供: Lightning Motorcycles

世界最速の電気バイクの提供

電動バイク製造会社がジェネレーティブ デザインと 3D プリントのプロトタイプによってスーパーバイクを開発し、ガソリン バイクを凌駕しました。オートデスクの自動設計での反復プロセスにより、バイクの速度と走行距離が大幅に向上し、世界記録の樹立できました。

Federal Equipment Company によるロープレス エレベータの設計

米国海軍向けの「ロープレス」エレベータの作成

Federal Equipment Company は、AutoCAD、Revit、Inventor などのオートデスク ソフトウェアを使用して、米国海軍向けに非常に革新的なエレベータを設計しています。これらのプログラムを組み合わせて使用することにより、初期有限要素解析(FEA)の実行、材料の追跡、製造性を考慮した設計の最適化が可能となり、最終的には生産停止や再作業に伴うコスト超過を削減できました。

技術図面に関するリソース