アカウント管理: 管理者向け

仮想化ポリシー


多くの企業が、急速に変化し続けるハードウェアやソフトウェアの要件に対応するために、仮想化の手法を採用しています。物理的なコンピュータの必要数を減らし、コンピュータのリソース プールを構築して活用できます。

仮想インストールの利用資格

仮想環境でソフトウェアを使用できるか否かは、使用する製品や購入方法、購入プランの利用規約で仮想化が許可されているか否かによります。ソフトウェアの動作環境を確認し、仮想環境で実行できるか確認してください。

 

お使いのソフトウェアが仮想環境で使用可能か否かについては、購入プランの利用規約を確認してください。 

 

次の購入プランでは、一部の形式の仮想化が許可されています。

  • ユーザー単位管理のサブスクリプション(シングル ユーザー アクセスまたは Autodesk Flex)、または Enterprise 契約。管理者は、割り当てられたユーザが複数のデバイスからソフトウェアにアクセスできるようにソフトウェアを配置できます。ただし、許可された 1 人のユーザのみが一度に 1 つのライセンスを使用できます。ユーザー単位管理のサブスクリプションでは、サインインし、ソフトウェアへのアクセス認証を行う必要があります。仮想環境でユーザの Mac アドレスが再起動時に保持されない場合、ソフトウェアにアクセスするにはセッションで毎回サインインする必要があります。

  • ネットワーク ライセンス サーバ、サーバ コンポーネント、またはサーバベースの製品コンポーネント。これらはネットワーク ライセンス プランおよびマルチユーザー アクセスのサブスクリプションに含まれています。 サーバ コンポーネントは、お客様の WAN 上でオンプレミスで仮想化するか、サードパーティのクラウド プロバイダを介してオフプレミスで仮想化することができます。オフプレミスで仮想化する場合は、次の点を確認してください。

    • ホストされるソフトウェアが、サードパーティのクラウド プロバイダによって適切に保護されていること。

    • リモートでホストされるソフトウェアへのアクセスと使用をコントロールできること。

仮想化が許可されていない購入プラン:

  • マルチユーザー アクセスのサブスクリプション

 

購入方法別の仮想化ポリシー

アクセス タイプ ソフトウェア インストールの仮想化 サーバ コンポーネントの仮想化
 

ユーザー単位管理のサブスクリプション

 

 

 

シングルユーザー サブスクリプション

 

許可 

 

非対応

 

Flex 

 

許可

 

非対応 

 

Enterprise 契約(Token Flex)

 

許可 

 

許可

 

マルチユーザー サブスクリプションと永久ライセンス

 

 

 

マルチユーザー サブスクリプション

 

禁止 

 

許可

ネットワーク ライセンス サーバ、サーバ コンポーネント、またはサーバベースの製品コンポーネントを含みます。  

 

ネットワークライセンス(永久ライセンス) 

 

禁止 

 

許可

ネットワーク ライセンス サーバ、サーバ コンポーネント、またはサーバベースの製品コンポーネントを含みます。 

 

スタンドアロン ライセンス(永久ライセンス) 

 

禁止 

 

非対応

仮想インストールの技術サポート

 

オートデスクは、ソフトウェアが確実に動作するように支援するための技術サポートを提供していますが、仮想環境に対しては技術サポートを提供していません。技術サポートが必要な問題が発生した場合、当社の技術サポート担当者は、その問題が仮想環境に起因するものではなく、ソフトウェアに起因しているものであることを確認させていただく場合があります。  そのため、問題のある動作を物理環境で再現できるか確認させていただく場合があります。問題を再現できる場合は、サポートを提供いたします。再現できない場合は、仮想化プロバイダにサポートを依頼することをお勧めします。


サポートが必要な場合は、Autodesk Assistant にお問い合わせください!

Assistant が回答を見つけたり、担当者に連絡するお手伝いをします。


オートデスクではどのようなサポートが提供されますか?

ご利用可能なサポートの種類は、サブスクリプションのプランによって異なります。現在のプランでご利用可能なサポート レベルをご確認ください。

サポート レベルを確認