教育機関アカウントの管理

教育機関向けのソフトウェア


認定教育機関の教員、ラボ管理者、IT 管理者は、教室やコンピューター室にオートデスクのソフトウェア製品をインストールし、無償で利用できます。Fusion 360 などの Web サービスを含め、ほとんどのオートデスク製品を教育機関限定ライセンスで利用できます。詳細については、エデュケーション コミュニティをご確認ください。

 

オートデスクのソフトウェアとサービスは、すべて英語で提供しています。一部の製品では他の言語も利用できる場合があります。詳細については、オートデスク製品ページをご確認ください。現行バージョンと 3 つ前までの旧バージョン(該当バージョンが存在する場合)を利用できます。

 

教育機関向けアカウントのサポートについては、オートデスク エデュケーション サポートページをご確認ください。

 

: オートデスクの無償ソフトウェアやクラウドサービスをご利用の際には、ソフトウェアまたはクラウド サービスに付随する利用規約およびその他の規約 (英語)の条件に同意し、遵守していただく必要があります。教育機関限定ライセンスまたはサブスクリプションで提供されるソフトウェアおよびクラウドベースのサービスは、教育目的 (英語)でのみご利用いただけます。商用、業務用またはその他の営利目的でご利用いただくことはできません。


利用資格

認定教育機関には、オートデスク エデュケーション プランのソフトウェアやサービスの利用資格が付与されます。認定教育機関とは、所属する学生の教育を主な目的とする機関として行政の認可を受けている教育機関を指し、これには、以下を含む認可されたすべての公立学校および私立学校が含まれます。

  • 中学校、高校
  • 短期大学
  • 大学、専門学校
  • 国家の認可を受けた(または教育機関の代わりとして地域の教育関連団体の認可を受けた)ホームスクール団体による自宅学習プログラム

次の種類の組織は、認定教育機関には含まれません。

  • 非認可の教育機関
  • トレーニング センター
  • 教会、病院、医療機関、公立図書館
  • 調査研究所
  • 再トレーニング プログラム

所属する組織が利用資格を満たしていない場合は、「対象とならない教育機関のためのオプション」を参照してください。

 

: 世界中のほとんどの教育機関が教育機関限定ライセンスの利用資格を満たしています。例外は、米国の輸出禁止対象国に所在する教育機関です。詳細は、「輸出コンプライアンス」(英語)を参照してください。


使用上の制限

エデュケーション プランで利用できるソフトウェアとサービスは、学習、教育、トレーニング、研究、開発に直接関連する目的にのみ使用することができます。商用、業務用、またはその他の営利目的に使用することはできません。ただし、エデュケーション プランの対象ソフトウェアとサービスを使用して、オートデスクが主催する設計コンテストに参加し、応募作品の設計、作成、指導などを行うことはできます。

 

利用資格の詳細については、「教育機関の管理者・教員の利用資格」を参照してください。

 

エデュケーション プランを以下の用途に使用することは許可されていません。

  • 施設での利用: 教育機関の敷地内に設置される物理的な構造物やインフラストラクチャの設計、建設、維持管理のための利用は許可されていません。
    例外: ライセンス使用許諾契約、または個別の契約書によって施設での利用が予め許可されている場合、教育機関は契約上で指定されるソフトウェアの特定バージョンを継続的に使用できます。
  • 研究: 商用プログラムや営利団体による研究活動や、教育機関との提携による商用目的の研究での使用は許可されていません。
    例外: 教育機関によって認可される教育プログラムの一環として学生または教員が学術的研究を行い、発表する場合の使用は許可されています。

詳細については、「対象とならない教育機関のためのオプション」を参照してください。


クラウド サービス

教育機関向けの保守プランでは次のクラウド サービスが利用可能です。

  • レンダリング: 設計のフォトリアルなイメージや周囲の景色を短時間で作成できます。
  • Energy Analysis for Revit: 設計内容の変更によるエネルギーとライフサイクルのコストの違いを比較して情報に基づいた意思決定を行うことができ、サステナブルな設計の実現に役立ちます。
  • Autodesk Green Building Studio: エネルギー効率を最適化し、設計の確認と修正を繰り返しながらカーボン ニュートラルに取り組むことができます。
  • Optimization for Autodesk Inventor: Autodesk Inventor 向けのクラウドベースの設計シミュレーションを使って、複数の設計の性能をテストできます。
  • Structural Analysis for Revit: 設計モデルを Autodesk Revit ソフトウェアからクラウドに拡張し、ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) プロセスの一環として解析を行えます。
  • Autodesk MockUp 360: シンプルなクラウドベースの環境で、リアルタイムのコラボレーション ツールやデジタル デザイン モックアップ ツールを使用しながら、サプライヤやクライアントと一緒に仕事を進められます。
  • Autodesk Process Analysis 360: 製造プロセスのモデル化、分析、最適化を行えます。計画からレイアウトまでの間に生じるボトルネックを特定し、効率性を高めます。
  • Autodesk Remote ソフトウェア サービス: メイン コンピュータにインストールされたオートデスク製品に、リモート PC や iPad からアクセスし、設計データを直接編集できます。Autodesk Inventor との互換性がある iPad アプリを使用すれば、インターネット接続さえあればどこからでも仕事ができます。

オートデスクのクラウド サービスの詳細については、「クラウド サービス」を参照してください。

クラウド ストレージの割り当て

教育機関向けの保守プランを契約しているユーザには、保守プランの指名ユーザ 1 人につき 25 GB のオートデスク クラウド ストレージ領域が提供されます。契約管理者は、有効なプランの各シートに指名ユーザを 1 人指定できます。

 

例えば、1,250 人のユーザがいる場合、教育機関は 31,250 GB (1,250 x 25 GB) のオートデスク クラウド ストレージを利用できます。

 

現在は、指名ユーザ アカウント間でストレージを結合することはできません。また、ストレージを集約させることはできません。1 人の指名ユーザ アカウントの利用可能なストレージの上限は 25 GB です。


以前の教育機関限定ライセンス

2020 年 3 月、教育機関限定ライセンスの有効期間が 3 年から 1 年に変更されました。2020 年 8 月以前に発行されたオートデスク ソフトウェアの 1 年間または 3 年間のスタンドアロン(個人用)教育機関限定シングルユーザ ライセンスを現在所有しているユーザは、引き続きそのライセンスを有効期限まで使用できます。このライセンスの有効期限が終了し、エデュケーション プランの利用資格の確認を行い、製品をダウンロードしてライセンスのアクティベーションを行う必要があります。以前のバージョンはアップデートされるため、再度インストールする必要はありません。

 

2023 年 3 月、オートデスクは教育機関向けライセンスを利用する教育機関のアクセスを、1 年間から 3 年間に変更しました。また、マルチシート/ネットワーク ライセンス アクセスを持つ教育機関を、オートデスク ソフトウェアの取得日から 3 年間に自動的に延長しました。教育機関がすでに 1 年間ライセンスを使用している場合は、あと 2 年間アクセスできます。2 年間ライセンスを使用している場合は、あと 1 年間アクセスできます。教育機関の IT 管理者または教員は、元のシリアル番号を使用してライセンスの再アクティベーションを行うだけで、ソフトウェアを継続して使用することができます。マルチシート/ネットワーク ライセンスを 2023 年 3 月 28 日以降にダウンロードした場合、有効期間は 3 年間となり、それ以上の操作は必要ありません。3 年の有効期間の終了後は、Education Community を通じてライセンスをアップグレードし、ラボや教室で中断なくアクセスできるようにすることをお勧めします。


ライセンスとサブスクリプションの使用条件

教育機関限定ライセンスでは、自動的に次の数のユーザとデバイスの使用が許可されます。

  • ネットワークライセンス: 3,000 人までのユーザが同時に使用可能
  • マルチシート スタンドアロン ライセンス: 1,250 台のデバイス

3,000 人のユーザまたは 1,250 台のデバイスを超える数を追加するには、オートデスクのサポート (英語)までご連絡ください。

 

: 最初のライセンスは、必ず RegisterOnce (英語) で登録してください。

 

利用規約 (英語)には、エデュケーション プランでソフトウェアを使用するための諸条件が記載されています。利用規約を補足する条件の詳細については、「教育機関ユーザ - 追加条件」(英語)を参照してください。

 

エデュケーション コミュニティの利用にあたっては、オートデスク Web サイトを使用するすべてのお客様に適用される Web サイトの利用規約とともに、教育機関向けの特別条件 (英語)も適用されます。

 

Autodesk Drive およびその他の Web サービスは、サービス利用規約に基づいて提供されます。適用される条件はサービスによって異なることがありますので、各サービスに付随する条項をご確認ください。これらの条項は、サービスに関連するすべてのオートデスク ソフトウェアの使用に適用される条項に追加されるとともに、autodesk.com およびその他のオートデスクの Web サイトの利用規約に追加されます。


認証とプライバシー

オートデスクは、教育目的の使用にプロフェッショナル向けソフトウェアを無償で提供するという取り組みを続けていくにあたり、教育機関限定ライセンスの利用資格を認証するサードパーティの認証サービス プロバイダ SheerID と契約を締結しました。教育機関限定ライセンスを利用するためには、認定教育機関における在学または在職状態を証明する書類を提出し、資格認証プロセスを完了させる必要があります。「教育機関の管理者・教員の利用資格を確認する」を参照してください。

 

お客様のプライバシーを保護することは、オートデスクにとって重要です。お客様の個人データの収集、利用、開示方法の詳細については、Autodesk プライバシー ステートメントをご確認ください。


サポートが必要な場合は、Autodesk Assistant にお問い合わせください!

Assistant が回答を見つけたり、担当者に連絡するお手伝いをします。


オートデスクではどのようなサポートが提供されますか?

ご利用可能なサポートの種類は、サブスクリプションのプランによって異なります。現在のプランでご利用可能なサポート レベルをご確認ください。

サポート レベルを確認