教育機関アカウントの管理

教育機関限定ライセンスの更新


エデュケーション プランにアクセスするための教育機関限定ライセンスの有効期間は 1 年です。利用資格を満たす間は、毎年更新しながら継続的に利用できます。

 

教育機関限定ライセンスの 1 年間の有効期限が終了する 30 日前に、ユーザは通知メールを受け取ります。また、オートデスク エデュケーション コミュニティの「製品を入手」ページからアカウントにサインインすると、ユーザの有効期限がバナー通知に表示されます。

 

教育機関限定ライセンスを更新しないまま有効期限が切れた場合、エデュケーション プランに無償でアクセスできなくなります。ドライブにファイルを保存している場合は引き続きこれらのファイルにアクセスできますが、編集したり、新しいファイルをアップロードしたりはできません。

 

: オートデスク クラウド サービスに保存されたドキュメントには、教育機関限定ライセンスの失効後も 30 日間アクセスできます。この期間が終了する前に、オートデスク クラウド サービスに保存されているすべてのファイルを取得してください。


ライセンスを更新する

  1. エデュケーション プランの対象者」のページを参照し、ご自身が教育機関限定ライセンスの対象者であるかどうかを確認してください。
  2. 製品を入手」ページからアカウントにサインインします。
  3. 上部の通知バナーの[今すぐ契約更新]をクリックします。
  4. 利用資格の確認手続きが完了すると、ライセンスがもう 1 年延長されます。

ライセンスの更新後、最新バージョンが必要でない限り、インストールしたソフトウェアの新しいバージョンをダウンロードする必要はありません。


サブスクリプションを再開する

次の手順を完了すると、新しいサブスクリプションがアカウントに割り当てられます。

  1. 製品を入手」ページにアクセスします。
  2. [利用を開始]をクリックしてサインインします。
  3. 下にスクロールし、目的の製品を見つけます。
  4. [製品を入手]をクリックします。
  5. [インストール]または[ダウンロード]をクリックします。新しい 1 年間のサブスクリプションがアカウントに割り当てられます。

: 製品が既にインストールされている場合でも、[インストール]または[ダウンロード]をクリックして新しいサブスクリプションを生成する必要があります。(必要ない場合は、ダウンロードをキャンセルできます。)


ライセンスを再開する

アクセス権の期限が切れた後も、まだ利用資格を満たす場合は、次の方法で教育機関限定ライセンスの利用を再開することができます。

  1. 製品を入手」ページからアカウントにサインインします。
  2. 表示されるバナー通知で[ライセンスを再開]をクリックします。
  3. 利用資格の確認手続きが完了すると、ライセンスがもう 1 年延長されます。

ライセンスの再開後、以前に取得した製品を引き続き使用するためには、手順に従ってサブスクリプションを再開する必要があります。


サポートが必要な場合は、Autodesk Assistant にお問い合わせください!

Assistant が回答を見つけたり、担当者に連絡するお手伝いをします。


オートデスクではどのようなサポートが提供されますか?

ご利用可能なサポートの種類は、サブスクリプションのプランによって異なります。現在のプランでご利用可能なサポート レベルをご確認ください。

サポート レベルを確認