管理者用インストール

Autodesk Account で配置を作成する

2022 リリース以降のほとんどのリリースでは、Autodesk Account (Windows 製品のみ)から配置を作成します。

2022 より前のほとんどの製品リリースでは、クラシック インストーラを使用して配置を作成します。「クラシック インストーラから配置を作成する」を参照してください。

注: 2022 より前の製品リリースのいくつかも、Autodesk Account での配置をサポートしています。

  • 3ds Max 2021
  • Maya 2020
  • Maya LT 2020
  • Revit 2021.1
  • VRED 2021

製品を選択、カスタマイズする

  1. manage.autodesk.com で Autodesk Account にサインインします。
  2. 左のナビゲーション ペインから[カスタム インストール]を選択します。
  3. ページに初めてアクセスした場合、または保存されたパッケージがない場合は、[最初の配置を作成]をクリックします。
  4. ライセンス タイプを選択します。
  5. [製品を追加]セクションで、配置パッケージに追加する 1 つまたは複数の製品を選択します。リストに製品が表示されない場合は、[すべての製品とサービス]からダウンロードして、インストーラで[配置を作成]を選択します。

    製品を選択すると、右側のパネルでそれらをカスタマイズすることができます。配置に含めるバージョンを選択することができます。そのバージョンに必要なすべてのインストーラが、配置に含まれます。オプションのアプリケーションを追加したり、テンプレート、マテリアル、図面などのコンテンツの保存場所を指定したりすることもできます。

    カスタム設定は、配置からインストールされた製品のすべてのインスタンスに適用されます。配置を作成した後、これらの設定を変更することはできません。ライセンスの種類に基づいて、シリアル番号とプロダクト キーが自動的に表示されます。 

    注: 環境設定は、製品によって異なります。詳細については、製品のインストール手順を参照してください。

設定を入力し、配置を作成する

  1. 配置パッケージに含める製品を選択したら、[次へ]をクリックして[インストールの設定]に進みます。セクション見出しをクリックすると、前の手順に戻ることができます。
  2. パッケージの名前を入力します。この名前はファイル名に表示され、ネットワーク共有に作成された後の配置を識別します。パッケージの対象者と、パッケージに含まれる製品を表します。有効な Windows ファイル名を使用します。
  3. (オプション)パッケージの説明を入力します。これにより、パッケージがリストに表示されたときに、パッケージの内容が理解しやすくなります。
  4. インストールの種類として、[配置]を選択します。(代わりに[インストール]を選択した場合は、製品のパッケージを作成して自分のデバイスにインストールします)。
  5. 配置イメージのパスを入力します。これは、配置が作成されるネットワーク共有上の場所です。UNC (Uniform Naming Convention)パス名(推奨)またはドライブ文字とパスを使用できます。たとえば、¥¥servername¥path または C:¥Autodesk¥Deployments などです。有効な Windows フォルダ パスを使用します。
  6. 必要に応じて、配置ログ ファイルのパスを入力します。図では既定のパスが表示されています。配置のインストールのたびに、診断情報がこのログに書き込まれます。有効な Windows フォルダ パスを使用します。
  7. ネットワーク ライセンス タイプを選択した場合は、[ライセンス サーバを指定]をクリックしてライセンス サーバ情報を追加し、[保存]をクリックします。
  8. [拡張オプション]を展開して、既定のインストール パスの変更など、パッケージに他の変更を加えます。

    Image showing the Enter package details dialog
  9. 右側のペインの[配置の概要]で設定を確認します。
  10. チェックボックスをクリックして、利用規約に同意します。
  11. [ダウンロード]または[保存]をクリックします。[ダウンロード]をクリックすると、配置作成の実行ファイルがダウンロード フォルダ(ブラウザの設定によっては別のフォルダ)に配置されます。このファイルは約 10MB で、配置の環境設定と配置を作成する実行ファイルが含まれています。[保存]をクリックすると、パッケージを後で使用するように保存できます。再びダウンロードする必要がなくなります。

    注: この時点では、製品のイメージはダウンロードされません。
  12. ダウンロードの準備ができたら、ダウンロードしたファイルをダブルクリックして配置を作成します。完了したら、配置ツールを閉じるか、配置フォルダ内の配置を表示することができます。

    Image showing the Creating deployment progress bar from Autodesk Account

配置をインストールする

配置をワークステーションにインストールするには、次のいずれかを実行します。

バッチ ファイルを使用した手動インストール

バッチ ファイルを手動で実行して、製品をワークステーションにインストールすることができます。配置フォルダのインストール <配置名>.bat ファイルに、製品のインストールに使用するコマンド ライン パラメータが含まれています。

Image showing the deployment folder

 

バッチ ファイルは、Configuration Manager インストール スクリプトを作成する際の優れたリソースでもあります。スクリプトは環境設定ファイルへの絶対パスを使用していますが、相対パスを使用することができます。また、Summary.txt ファイルがあり、インストーラ名やビルド番号など、配置に含まれるすべてのアプリケーション インストーラに関する詳細情報が記述されています。完全なサイレント インストールの場合は、バッチ ファイルの先頭行をコメント アウトし、2 行目からコメントを削除します。この場合、ユーザ インタフェースは表示されません。(既定のバッチ ファイルのインストールには最小のユーザ インタフェースがあります)。

注: ダウンロードしたブートストラップ ファイルを実行するには、管理者権限が必要です。

配置をテストする

製品をワークステーションに配布する前に、テスト ワークステーションで配置を実行して、すべてが正しく動作することを確認します。

  1. 一般的なユーザ プロファイルを使用して、管理者権限のないプロファイルでクライアント マシンにサイン インします。
  2. 製品を実行して、以下を確認します。
    • ライセンス エラーがない。
    • 作業に不可欠な主要機能が正常に機能する。
    • すべての Update、カスタマイズ、アドオンが正しく適用されている。