管理者用インストール

オプション ファイルを環境設定する


ライセンスへのアクセスは、使用する設定に構成されているオプション ファイルでコントロールできます。オプション ファイルの使用はオプションであり、通常のライセンス操作では必要ありません。オプション ファイルの詳細については、NLM とともにインストールされる、PDFファイル『FLEXnet Publisher ライセンス管理ガイド』の「オプション ファイルを管理する」を参照してください。この PDF ガイドは、ライセンス サーバの Network License Manager フォルダにあります。

 

次のセクションでは、オプション ファイルを作成し、オプション ファイルを使用してさまざまな機能を実行する方法について説明します。オプション ファイルの例を最後のセクションに示しています。


オプション ファイルを作成する

1 つまたは複数のサーバのオプション ファイルを作成し、それらのファイルを使用してネットワーク ライセンスを管理することができます。オプション ファイルの機能が必要でない場合は、すべてのサーバのオプション ファイルを作成する必要はありません。

 

オプション ファイルで製品の機能に基づいてコントロールを定義する場合、そのコントロールは保守プランまたはマルチユーザ サブスクリプションのいずれであっても同様に適用されます。ただし、製品パッケージのレベルでコントロールを定義する場合は、保守プラン シートとマルチユーザ サブスクリプションを区別できます。

 

オプション ファイルをアクティブにするには、ライセンス ファイルを保存した後、再度読み取ります。

  1. [メモ帳](Windows)または[TextEdit](macOS)などのテキスト エディタを開きます。レポート ログやその他の操作用に指定されたコマンドおよびパラメータを入力します。
  2. ファイルにadskflex.opt という名前を付け、ネットワーク ライセンス ファイルを保存した場所に保存します。
    注: 必ず拡張子 .opt をつけてファイルを保存してください。NLM は .txt を認識しません。
  3. サーバ上のライセンス ファイルを再度読み込みます。
    • Windows サーバの場合、NLM と一緒にインストールされている LMTOOLS ユーティリティを使用し、[ライセンス ファイルを再読み込み]を選択します。
    • macOS または Linux のサーバの場合、[ターミナル]ウィンドウを起動し、Autodesk Network License Manager フォルダ(flexnetserver)に移動し、次の文字列を入力します。
      ./lmutil lmreread -c @hostname-all
      
  4. オプション ファイルが読み込まれたことを確認するには、ログ ファイルを確認します。オプション ファイルが読み込まれていない場合は、ライセンス サーバを停止して再起動してください。

ライセンス タイムアウトを設定する

サーバがライセンスを再要求する前に、ライセンスが非アクティブなコンピュータに割り当てられる時間の制限を設定します。コンピュータが再びアクティブになった場合、サーバは新しいライセンスを発行します。ライセンスが使用できない場合は、警告が表示されます。

 

テキスト エディタでオプション ファイルを開き、個別の行に次のコマンドのいずれかを入力します。

TIMEOUT feature_code n

ここで、feature_code は製品の名前、n は、サーバがライセンスを再要求するまでに非アクティブ状態を継続できる秒数です。 

TIMEOUT 66800REVIT_F 7200

この例では、Revit のライセンス タイムアウト期間は 7200 秒(2 時間)です。

TIMEOUTALL n

ここで、タイムアウトはすべての製品に対するもので、n はサーバが非アクティブなオートデスク製品を再要求するまでの秒数です。

ライセンス借用を環境設定する

ライセンスの借用をコントロールするオプションがいくつかあります。

  • 使用可能なライセンスのプールを維持する
  • 借用期間を設定する
  • ライセンスの借用を除外する
  • ライセンスの借用を含める

使用可能なライセンスのプールを維持する

BORROW_LOWWATER は、貸し出すことができないライセンス数を指定します。このオプションを使用すると、指定した数のライセンスが常にライセンス プールに残ります。借用によりプールが枯渇しなくなります。

BORROW_LOWWATER [productfeature] [count]

次の例では、マルチユーザー アクセス権の 5 つの AutoCAD サブスクリプション ライセンスのライセンス借用をブロックします。

BORROW_LOWWATER 64300ACD_T_F 5

借用期間を設定する

特定のライセンスを借用できる最大期間を、時間単位で指定することができます。この値は、製品のライセンス ファイルでオートデスクによって指定された最大借用期間を超えることはできません。

MAX_BORROW_HOURS [productfeature] [hours]

次の例では、マルチユーザー アクセス権の AutoCAD サブスクリプション ライセンスのライセンス借用を 3 日間に制限します。

MAX_BORROW_HOURS 64300ACD_T_F 72

注: オプション ファイルにこの設定を行わない場合、ライセンス借用期間は、最長である 6 ヵ月か、マルチユーザー アクセス権のサブスクリプションが有効期限切れとなるまでの、どちらか早い方です。より短い借用期間を設定することを強くお勧めします。

ライセンスの借用を除外する

特定のライセンスの借用機能をブロックします。明示的に除外されていないユーザ、ホスト、または IP アドレスは、引き続きライセンスを借用できます。

EXCLUDE_BORROW [productfeature] [type] [name]

次の例では、ユーザ、コンピュータ、グループなどに対して、マルチユーザー アクセス権の AutoCAD サブスクリプション ライセンスの借用をブロックします。

EXCLUDE_BORROW 64300ACD_T_F USER smithj 
EXCLUDE_BORROW 64300ACD_T_F HOST computer1 
EXCLUDE_BORROW 64300ACD_T_F GROUP EngineeringGroup 
EXCLUDE_BORROW 64300ACD_T_F HOST_GROUP DraftingDept 
EXCLUDE_BORROW 64300ACD_T_F INTERNET 192.168.0.100 
EXCLUDE_BORROW 64300ACD_T_F INTERNET 192.168.0.* 
EXCLUDE_BORROW 64300ACD_T_F PROJECT CivilProject

注: EXCLUDE と INCLUDE の関係と同様に、INCLUDE_BORROW ステートメントとの競合が発生した場合は、EXCLUDE_BORROW が優先します。

ライセンスの借用を含める

特定のライセンスの借用を許可します。明示的に含まれていないすべてのユーザ、ホスト、または IP アドレスに対して、指定されたライセンスの借用をブロックします。数人のユーザのみに対してライセンス借用をブロックする場合は、EXCLUDE_BORROW の使用を検討してください。

INCLUDE_BORROW [productfeature] [type] [name]

次の例では、ユーザ、コンピュータ、グループなどに対して、マルチユーザー アクセス権の AutoCAD サブスクリプション ライセンスの借用を許可します。

INCLUDE_BORROW 64300ACD_T_F USER smithj 
INCLUDE_BORROW 64300ACD_T_F HOST computer1 
INCLUDE_BORROW 64300ACD_T_F GROUP EngineeringGroup 
INCLUDE_BORROW 64300ACD_T_F HOST_GROUP DraftingDept 
INCLUDE_BORROW 64300ACD_T_F INTERNET 192.168.0.100 
INCLUDE_BORROW 64300ACD_T_F INTERNET 192.168.0.* 
INCLUDE_BORROW 64300ACD_T_F PROJECT CivilProject

注: INCLUDE_BORROW ステートメントとの競合が発生した場合は、EXCLUDE_BORROW ステートメントが常に優先されるため、1 つのオプション ファイルにこれらのステートメントのどちらか 1 つのみを使用することをお勧めします。

パッケージ コードとフィーチャ コードを使用する

次の例では、製品のパッケージ コードを使用して、その製品のオプション ファイル パラメータを設定しています。たとえば次の文は、AutoCAD 2016 (64300ACD_T_F)のマルチユーザーのアクセス権のライセンス サブスクリプションのパッケージ コードを使用して、特定のユーザのために AutoCAD 2016 から AutoCAD 2013 の 1 ライセンスを予約します。

RESERVE 1 64300ACD_T_F USER smithj

パッケージ コードを使用することで、サブスクリプションメンバーの前バージョン使用特典の対象となる製品のすべてのバージョンに、同じオプション ファイルのパラメータを適用できます。

 

場合によっては、パッケージ コードをオプション ファイルに使用し、さらにライセンス ファイルに永久ライセンスまたは保守プランのライセンスと、同じ製品のマルチユーザー アクセス権のサブスクリプション ライセンスの両方を含めることができます。この場合、マルチユーザー アクセス権のサブスクリプション ライセンスに対応するために、他のパラメータを含める必要があります。次の文では、保守プラン付きの永久ライセンスであるか、マルチユーザーのアクセス権のライセンス サブスクリプションであるかにかかわらず、特定のユーザのために AutoCAD 2016 から AutoCAD 2013 の 1 ライセンスを予約します。

RESERVE 1 64300ACD_F USER smithj 
RESERVE 1 64300ACD_T_F USER smithj

マルチユーザー アクセス権のサブスクリプション ライセンスのパラメータを追加した後で、サブスクリプションが更新されたり、バージョンがリリースされたりしても、オプション ファイルを変更する必要はありません。

 

保守プラン付きではない永久ライセンスのオプション ファイルのパラメータを設定する場合は、製品のフィーチャ コード(例: 86445ACD_2016_0F)のみを使用します。保守プラン付きの永久ライセンスおよびマルチユーザーのアクセス権のサブスクリプション ライセンスの場合、常にパッケージ コードを使用します。次の文では、フィーチャ コードを使用して、特定のグループに対して AutoCAD 2016 の(保守プラン付きではない)永久ライセンスを 5 ライセンス予約します。

RESERVE 5 86445ACD_2016_0F GROUP EngineeringGroup 

オプション ファイルにコメントを入力する

ライセンス マネージャは、ハッシュ(#)記号の後のすべての構文を無視します。

#This is a comment

グループを定義する

ライセンスにアクセスできるユーザとアクセスできないユーザを指定する際に、ユーザまたはコンピュータのグループを定義しておくと便利です。グループは、ライセンスの使用を予約または制限する場合に便利です。

 

Windows のサインイン名またはコンピュータ名を使用してグループを定義できます。既定では、オプション ファイルに GROUPCASEINSENSITIVE ON ステートメントを追加しない限り、コンピュータ名とユーザ名の大文字と小文字は区別されます。

GROUP [groupname] [user1] [user2] [user3]
HOST_GROUP [groupname] [computername1] [computername2] [computername3]

次の例では、3 人のユーザに対して EngineeringGroup というグループを定義しています。

GROUP EngineeringGroup smithj jonesb whitef

次の例では、3 台のコンピュータで DraftingDept というグループを定義しています。

HOST_GROUP DraftingDept computer1 computer2 computer3

多くのユーザ数を持つグループを作成するには、同一のグループ名による GROUP 行をいくつか作成します。それぞれの行には最大 4,000 文字までを含めることができます。同じグループ名で複数の GROUP 行を定義した場合、指定したユーザをすべて 1 つのグループに追加できます。

ユーザ名とコンピュータ名で大文字と小文字の区別を無効にする

GROUP または HOST_GROUP コマンドを使用すると、ユーザ名とコンピュータ名の大文字/小文字の区別を有効または無効にすることができます。既定では、ユーザ名とコンピュータ名は大文字と小文字が区別されます。

 

GROUPCASEINSENSITIVE ステートメントを使用して、ユーザ名とコンピュータ名の大文字と小文字の区別を無効(ON)、または有効(OFF)にします。

GROUPCASEINSENSITIVE ON
GROUPCASEINSENSITIVE OFF

ライセンスを予約する

必要なときに製品のライセンスを使用できるように、特定の数のライセンスを予約します。(予約済みライセンスは他のユーザが使用できません)。 たとえば、時間的制約のあるプロジェクトに取り組むユーザのためにライセンスを予約することができます。

RESERVE [count] [productfeature] [type] [name]

次の例では、マルチユーザー アクセス権の AutoCAD サブスクリプション ライセンスを、ユーザ、コンピュータ、グループなどに対して 1 シートまたは 5 シート予約します。

RESERVE 1 64300ACD_T_F USER smithj 
RESERVE 1 64300ACD_T_F HOST computer1 
RESERVE 5 64300ACD_T_F GROUP EngineeringGroup 
RESERVE 5 64300ACD_T_F HOST_GROUP DraftingDept 
RESERVE 1 64300ACD_T_F INTERNET 192.168.0.100 
RESERVE 5 64300ACD_T_F INTERNET 192.168.0.* 
RESERVE 5 64300ACD_T_F PROJECT CivilProject 

ライセンスの使用最大数を制限する

指定した製品の一定数のライセンスにアクセス権を制限することにより、ライセンスの使用を制限し、使用可能なライセンスを最大にします。

MAX [count] [productfeature] [type] [name]

次の例では、マルチユーザー アクセス権の AutoCAD サブスクリプション ライセンスを、ユーザ、コンピュータ、グループなどに対して 1 シートまたは 5 シートに制限します。

MAX 1 64300ACD_T_F USER smithj 
MAX 1 64300ACD_T_F HOST computer1 
MAX 5 64300ACD_T_F GROUP EngineeringGroup 
MAX 5 64300ACD_T_F HOST_GROUP DraftingDept 
MAX 1 64300ACD_T_F INTERNET 192.168.0.100 
MAX 5 64300ACD_T_F INTERNET 192.168.0.* 
MAX 5 64300ACD_T_F PROJECT CivilProject 

ライセンスの使用を除外する

特定のライセンスへのアクセスをブロックできます。明示的に除外されていないすべてのユーザ、ホスト、または IP アドレスは、これらのライセンスにアクセスできます。

EXCLUDE [productfeature] [type] [name]

次の例では、ユーザ、コンピュータ、グループなどに対して、マルチユーザー アクセス権の AutoCAD サブスクリプション ライセンスへのアクセスをブロックします。

EXCLUDE 64300ACD_T_F USER smithj 
EXCLUDE 64300ACD_T_F HOST computer1 
EXCLUDE 64300ACD_T_F GROUP EngineeringGroup 
EXCLUDE 64300ACD_T_F HOST_GROUP DraftingDept 
EXCLUDE 64300ACD_T_F INTERNET 192.168.0.100 
EXCLUDE 64300ACD_T_F INTERNET 192.168.0.* 
EXCLUDE 64300ACD_T_F PROJECT CivilProject

注: INCLUDE ステートメントとの競合が発生する場合、常に EXCLUDE ステートメントが優先されます。競合がある場合は、EXCLUDE ステートメントが優先されます。

ライセンスの使用を含める

特定のライセンスへのアクセスを提供できます。この設定では、明示的に含まれていないすべてのユーザ、ホスト、または IP アドレスがブロックされます。数人のユーザのみをブロックする場合は、EXCLUDE の使用を検討してください。

INCLUDE [productfeature] [type] [name]

次の例では、指定したユーザ、コンピュータ、グループなどに対して、マルチユーザー アクセス権の AutoCAD サブスクリプション ライセンスへのアクセスを許可します。

INCLUDE 64300ACD_T_F USER smithj 
INCLUDE 64300ACD_T_F HOST computer1 
INCLUDE 64300ACD_T_F GROUP EngineeringGroup 
INCLUDE 64300ACD_T_F HOST_GROUP DraftingDept 
INCLUDE 64300ACD_T_F INTERNET 192.168.0.100 
INCLUDE 64300ACD_T_F INTERNET 192.168.0.* 
INCLUDE 64300ACD_T_F PROJECT Civil Project

注: INCLUDE ステートメントとの競合が発生した場合は、EXCLUDE ステートメントが常に優先されるため、1 つのオプション ファイルにこれらのステートメントのどちらか 1 つのみを使用することをお勧めします。

レポート ログを作成する

レポート ログ ファイルは、ライセンス活動の使用レポートを生成する、圧縮・暗号化されたファイルです。

REPORTLOG [+]report_log_path

Windows の例: report.rl という名前のレポート ログを C:\My Documents フォルダに作成する場合:

REPORTLOG +"C:\My Documents\report.rl"

macOS または Linux の例: report.rl という名前のレポート ログを /Users/NLM フォルダに作成する場合:

REPORTLOG +"/Users//NLM/report.rl"

注: パスにスペースが含まれている場合は、引用符(" ")で囲む必要があります。パスは事前に作成する必要があります。ライセンス マネージャはこの場所を作成できません。

 

REPORTLOG の構文にある [+] は、ログ ファイルの既存のエントリに新しいエントリが追加されることを意味します。これにより、Network License Manager が再起動した場合に、毎回上書きされることを防ぎます。ログエントリの履歴を保持するには、[+]オプションを使用することをお勧めします。

製品の関連付けを定義する

特定のコンピュータをプロジェクトの一部として定義するには、そのクライアント コンピュータで環境変数を設定します。次に、このプロジェクトを指定して、オプション ファイルを介してライセンスへのアクセスをコントロールします。プロジェクト環境変数はオプションです。オプション ファイルでグループを直接定義する場合、プロジェクト環境変数を指定する必要はありません。

 

プロジェクトのメンバーとしてコンピュータを指定するには、

  1. Windows の[スタート]メニューから、[設定] > [コントロール パネル]をクリックします。
  2. [コントロール パネル]で[システム]をダブル クリックします。
  3. [システムのプロパティ]ダイアログ ボックスで、[詳細設定]タブをクリックします。
  4. [詳細設定]タブで[環境変数]をクリックします。
  5. [システム環境変数]の下で、[新規]をクリックします。
  6. [新しいシステム変数]ダイアログ ボックスで、変数名に「LM_PROJECT」、変数値にプロジェクト名を入力します。
  7. [OK]をクリックして、各ダイアログ ボックスを閉じます。

これでプロジェクトが定義されました。これらの設定を有効にするために、コンピュータを再起動する必要はありません。

オプション ファイルの例

# Company A - Options File 
# 
# Last updated: Jan 5, 2021 by John Smith 

# Sets inactivity timeout for all products to 90 minutes:
TIMEOUTALL 5400  

# Sets maximum borrow time of 10 days for a subscription with multi-user access of AutoCAD:
MAX_BORROW_HOURS 64300ACD_T_F 240 

# Defines a report log:
REPORTLOG +”C:\adsk_flexnet\logs\adskflex_report.log”` 

# Disables case sensitivity when defining groups/host_groups:
GROUPCASEINSENSITIVE ON 

# Defines a Civil Eng group and controls license usage: 
GROUP CivilTeam smithj jonesb whitef 
MAX 3 64300ACD_T_F GROUP CivilTeam 
RESERVE 3 64900CIV3D_T_F GROUP CivilTeam 
INCLUDE_BORROW 64900CIV3D_T_F HOST_GROUP CivilTeam 

# Defines a Mech Eng group by computer name and controls license usage:
HOST_GROUP MechTeam JoesPC FredsPC WillsPC JohnsPC BobsPC 
MAX 5 64300ACD_T_F HOST_GROUP MechTeam 
RESERVE 5 85578INVNTOR_T_F HOST_GROUP MechTeam 
RESERVE 2 65500ACAD_E_T_F HOST_GROUP MechTeam 
INCLUDE_BORROW 85578INVNTOR_T_F HOST_GROUP MechTeam 
INCLUDE_BORROW 65500ACAD_E_T_F HOST_GROUP MechTeam

# Controls license usage for general drafters in subnet 192.168.0.* 
RESERVE 30 64300ACD_T_F INTERNET 192.168.0.* 
EXCLUDE 64900CIV3D_T_F INTERNET 192.168.0.*
EXCLUDE 85578INVNTOR_T_F INTERNET 192.168.0.*
EXCLUDE 65500ACAD_E_T_F INTERNET 192.168.0.*  
EXCLUDE_BORROW 64300ACD_T_F INTERNET 192.168.0.*

サポートが必要な場合は、Autodesk Assistant にお問い合わせください!

Assistant が回答を見つけたり、担当者に連絡するお手伝いをします。


オートデスクではどのようなサポートが提供されますか?

ご利用可能なサポートの種類は、サブスクリプションのプランによって異なります。現在のプランでご利用可能なサポート レベルをご確認ください。

サポート レベルを確認