管理者用インストール

オプション ファイルを環境設定する

オプション ファイルを作成し、それを使用してライセンス タイムアウトを設定したり、ライセンス借用を環境設定したりすることができます。 オプション ファイルの詳細については、Network License Manager (NLM)とともにインストールされる、PDFファイル『FLEXnet Publisher ライセンス管理ガイド』の「オプション ファイルを管理する」を参照してください。この PDF ガイドは、ライセンス サーバの Network License Manager フォルダにあります。

オプション ファイルを作成する

1 つまたは複数のサーバのオプション ファイルを作成し、それらのファイルを使用してネットワーク ライセンスを管理することができます。オプション ファイルの機能が必要でない場合は、すべてのサーバのオプション ファイルを作成する必要はありません。

オプション ファイルで製品の機能に基づいてコントロールを定義する場合、そのコントロールは保守プランまたはマルチユーザ サブスクリプションのいずれであっても同様に適用されます。ただし、製品パッケージのレベルでコントロールを定義する場合は、保守プラン シートとマルチユーザ サブスクリプションを区別できます。

オプション ファイルをアクティブにするには、ライセンス ファイルを保存した後、再度読み取ります。

  1. [メモ帳](Windows)または[TextEdit](macOS)などのテキスト エディタを開きます。レポート ログやその他の操作用に指定されたコマンドおよびパラメータを入力します。
  2. ファイルにadskflex.optという名前を付け、ネットワーク ライセンス ファイルを保存した場所に保存します。
    注: 必ず拡張子 .opt をつけてファイルを保存してください。 NLM は .txt を認識しません。
  3. サーバ上のライセンス ファイルを再度読み込みます。
    • Windows サーバの場合、NLM と一緒にインストールされている LMTOOLS ユーティリティを使用し、[ライセンス ファイルを再読み込み]を選択します。
    • macOS または Linux のサーバの場合、[ターミナル]ウィンドウを起動し、Autodesk Network License Manager フォルダ(flexnetserver)に移動し、次の文字列を入力します。
      ./lmutil lmreread -c @hostname-all
      
  4. オプション ファイルが読み込まれたことを確認するには、ログ ファイルを確認します。 オプション ファイルが読み込まれていない場合は、ライセンス サーバを停止して再起動してください。

オプション ファイルを使用して設定できる共通のコントロールをいくつか示します。

ライセンス タイムアウトを設定する

サーバがライセンスを再要求する前に、ライセンスが非アクティブなコンピュータに割り当てられる時間の制限を設定します。コンピュータが再びアクティブになった場合、サーバは新しいライセンスを発行します。ライセンスが使用できない場合は、警告が表示されます。

テキスト エディタでオプション ファイルを開き、個別の行に次のコマンドのいずれかを入力します。

  • TIMEOUT feature_code n
    
    ここで、feature_code は製品の名前、n は、サーバがライセンスを再要求するまでに非アクティブ状態を継続できる秒数です。 例:
    TIMEOUT 66800REVIT_F 7200
    
    この場合、Revit のライセンス タイムアウト期間は 7200 秒(2 時間)です。
  • TIMEOUTALL n
    
    ここで、タイムアウトはすべての製品に対するもので、n はサーバが非アクティブなオートデスク製品を再要求するまでの秒数です。

ライセンス借用を環境設定する

オプション ファイルを使用せずにライセンスの借用を許可することができます。しかし、オプション ファイルを使用すると、ライセンスを借用できる時間をより詳細にコントロールすることができます。

  1. テキスト エディタでオプション ファイルを開き、個別の行に次の項目を入力します。
    BORROW_LOWWATER feature_code n
    
  2. ここで、feature_code は製品を指定し、n はサーバに残っていなければならないライセンスの最小数です。 この数に達すると、それ以上ライセンスを借用できなくなります。
  3. 次の行に、次のように入力します。
    MAX_BORROW_HOURS feature_code n
    
    ここで、feature_code は製品を指定し、n はライセンスを貸し出すことができる最大時間です。

注: ライセンスは、24 時間単位で貸し出されます。